<社会を知る>電柱地中化

駅から自宅までの道路で電線地中化工事を行うとのこと。

photo:01

予算を調べるとほんの30m足らずなのに1億円近い、また、調査含めて1年くらいかかるみたいだ。

費用対効果はあるのか。

世田谷区HPを見ると、世田谷区各地区の整備方針で、住民の声として電線地中化の声はあがっている、また「電線地中化5ヶ年計画」なるものもあり、それに基づいて整備しているようである。

平成7年度に制定された「電線共同溝の整備等に関する特別措置法」に基づき、国庫補助金がでるのも、地域の地中化を促進している。

電線地中化のメリットとしては、
①防災対策
②景観の向上
③交通安全の確保
ここまでは納得できるが、「カラスが電柱に止まらなくなりゴミの被害がなくなる」などという、とんでも意見もあった。

世田谷区議会の答弁で、
「日本の無電柱化率は、2008年現在で2%、また東京都23区に限っては7%とヨーロッパなどの先進国に比べ、かなり立ち遅れています。例えばロンドン・パリ・ボンでは100%、ベルリンは99%、という状況です」
と言っているが、ヨーロッパは、土地の公共性から景観を守るという意識が強いし、恐らく観光を産業として強く意識していることもあるから、防災の観点で整備する日本とは事情が違うと思うので単純比較はできない。

防災対策という面では狭い道路での電線地中化が必要と言われているが、幅4メートル以内の道路では技術的に電線地中化は難しいという。電柱地中化が本当に必要なところでは行えないのだ。

世田谷区としては、5カ年計画ですでに予算がついていたり、議員の声が大きかったり、カラスが嫌いだったり、様々な事情があり整備せざるをえないかもしれないけど、その時、その時で本当に必要なところにお金を使うような予算制度にするべきであろう。

個人的には、車運転するとサイドミラー電柱にぶつけまくりだし、マンション周辺の景観が良くなるとマンション価値が向上するかもしれないから嬉しいが、気になる問題である。

投稿者: Yoshitomo-blog

健全なる批判精神を身につけたいと考えブログを書こうと思いたちました。 社会全般、キャリア教育、子育て等を中心に徒然につづりたいと思います いつまで続くかはわかりません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中