<地域を知る>岩手県-陸前高田-

陸前高田市は、2011年3月11日の東日本大震災により、市の人口の1割の住人が亡くなり、市役所を始めとする行政機能を含めた、街の機能を全て津波に流された。

陸前高田市の人々は、ほぼ全員が親族、もしくは知り合いを亡くしているという。そういう近所付き合いがいまだ残っている昔ながらの田舎町であった。

僕は、2011年12月にボランティアで、そして2012年11月にボランティア学生の引率スタッフとして陸前高田市を訪れた。

2011年12月

初めて陸前高田市を訪れた時にどうしてもわからないことがあった。

陸前高田市の人々がなぜ僕たちにあんなに優しく接してくれるのかということである。

現地でいろいろな人にお会いする機会があったが皆さんとても親切で、優しい。

ある方は、1日中街を案内してくださり、

「昔はあそこにお店があって、あそこは小学校で」と説明してくれた。

最後は家に招いてくださり食事までごちそうになった。この方は震災で息子さんを亡くされている。

僕は、自分に余裕がない時に人に優しくできない。

なぜ陸前高田の人々はあんなに親切にしてくれるのか。

僕はボランティアに行ったにも関わらず、逆に大きなものをいただいた。

それが最初に陸前高田にいき感じた疑問だった。

心のどこかでその疑問を抱えたまま日々の生活を送りほぼ1年後に陸前高田に行く機会をえた。

2012年11月

陸前高田を再度訪れ、新田部落という地域でボランティアをさせていただく中で、その疑問にたいして、僕なりの1つの答えがでた。

新田部落は、震災前は約70世帯の人々が住むコミュニティだったが、震災により今は20世帯しか残っていない。そしてそのほとんどが高齢者世帯である。

そのような状況の中で行政の動きを待つのではなく自分たちで立ち上がりコミュニティの復興を目指している。

そんな新田部落の復興の中心となっているAさんに、震災当時の様子、震災後の復興の様子などの話しをうかがっている時に学生がこんな質問をした。

「コミュニティの高齢化は進み、子供たちが故郷に戻ってくる可能性もない。そしてこの震災でコミュニティの崩壊は加速度的に進んでいる。このような状況の中でなぜ頑張れるのですか?」

ボランティア活動をしている時は、いつも笑顔を絶やさず、元気に明るく指導してくれるAさんがポツリと答えた

「そりゃさみしいさ。辛いさ。でもおら達は今更、知らない街にいって暮らすこともできね。ここでやっていくしかないんだわ。震災の直後、裏山に逃げて夜を過ごしている時に雪が降ってきた。おら達も、津波で流された仲間たちのように死ぬんだろうかと思った。でも生きた。生きたもんには、生きたもんしかできねぇ、やらなければならないことがあるんだ」

普段絶対に弱音をはかないAさんがつぶやいた言葉、それを聞き、陸前高田の人々の優しさの意味がわかった。

陸前高田の人々は心の中にとてつもない悲しみ、苦しさ、辛さを抱えているのだ、でもそれを出せないのだ、出さないのだ。

・弱音を出したらボランティアに来る人が重くなって次に来てくれないんじゃないかという不安

・弱音を出したら、奮い立たせている自分自身が折れてしまうかもしれない不安

・弱音を出したら、いや出せない、その性格、東北人としての気風

鳥羽市長が私たちに向かって言った言葉を思い出した。

「東北人は強い強いと言われますが違うんです。家に帰って部屋で一人で泣いてるんです」

僕は自分がしんどかったり、辛かったら全力でそれをアピールして誰かに助けてもらおうと思う。

自分の惨状を語り、権利主張を声だかに繰り返しなんとか利権を獲得しようとする人もいる。

自ら声を出すことをしない、出せない、陸前高田の人々、被災地の人々を救わずして他に誰を救えというのだろうか。

幼稚園、中学~大学までキリスト教の学校に通い、現在キリスト教系の大学で勤務しながら、一切、聖書に関心を示さなかった僕であるが、初めてこれまで学んできたことの意味、そして自分が今ここで働いている意味がわかった気がした。

陸前高田の人々はいった

「被災地を忘れないで欲しい。ここで頑張っている人がいることを覚えていて欲しい」

陸前高田のために、これからも個人として、そして組織として関わり続けることを宣言する。

投稿者: Yoshitomo-blog

健全なる批判精神を身につけたいと考えブログを書こうと思いたちました。 社会全般、キャリア教育、子育て等を中心に徒然につづりたいと思います いつまで続くかはわかりません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中