<社会を知る>本屋の変化

ここ数年、ほとんどの本はAmazonで購入している。手軽に必要な本がほぼ即日入手できるのは、本屋にはない魅力である。

Amazonの台頭が大きく影響しているのだろう、本屋の店舗数は、2003年の20,880 店から、2011年は16,722 店と毎年減少している。(日本著書販促センター)

では本屋に全く行かないかといえば、そうではない。魅力的な本屋があるのだ。

代表は、丸の内オアゾの丸善にある松岡正剛がプロデュースする松丸本舗である。

松丸本舗Hp
http://goo.gl/3jGgx

松丸本舗では、「男女とは」や「生きるとは」など幅広いテーマに関連した書籍をいくつかのグループに分けて展示してある。そのグループ分けは既存書店のようなメーカーや、文庫、ハードカバー、コミックなどの種類で分けられることなく雑然と置かれている。
<例、男と女の心理学、男のDNA、モンゴル民族のセックス等>

一つのテーマに対して異なる視点から分析した書物を並べることで知的好奇心をくすぶる構成になっているのだ。そしてお洒落である。

ここに入ると最低2時間は現実世界に戻ってこられない。たまらなく魅力的な空間である。

 

・客単価は丸善本体の二倍、顧客の平均滞在時間は約2~3時間。最長は8時間という人もいたほか、『ここに住みたい!』という声も届いている」(『丸の内地球環境新聞』)

しかし、松丸本舗は2012年9月に閉店した。めちゃくちゃショックである。
やはり採算が合わなかったのかな・・・

松丸本舗の他にも、ヴィレッジヴァンガードは、「遊べる本屋」をキーワードに、書籍、SPICE(雑貨類)、ニューメディア(CD・DVD類)を融合的に陳列して販売している。

・ヴィレッジヴァンガードHP
http://www.village-v.co.jp/

・ブックディレクター幅允孝がプロデュースした、ブルックリンパーラー新宿、TSUTAYA TOKYO ROPPONGIはカフェが併設してあり、お洒落で、ワクワクする空間だ。

TSUTAYA TOKYO ROPPONGIHP
http://store.tsutaya.co.jp/storelocator/detail/2000.html

ブルックリンパーラー新宿
http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13097951/
余談であるが、「知的好奇心」をくすぶるという点では、さまざまなテーマで研究している研究者が集まっている大学も、知の拠点として、とても魅力的と思うのだ。

 

本屋の進化をうれしく思いながらも、最近は財政難のため、もっぱら地元の図書館を利用している。

東野圭吾の「虚像の道化師 ガリレオ7」は124名待ちである。読めるのは5年後だ。

投稿者: Yoshitomo-blog

健全なる批判精神を身につけたいと考えブログを書こうと思いたちました。 社会全般、キャリア教育、子育て等を中心に徒然につづりたいと思います いつまで続くかはわかりません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中