<社会を知る>お土産の価値

旅行、出張に行く度に、自宅、職場、実家、近所 etc などにお土産を買うわけだが、お土産は本当に必要なのだろうか?といつも疑問に思う。

大抵は、その土地で有名なお菓子を買うが、東京だと美味しいお菓子は他にもたくさんあるので買う意味はないと思う。

京都の亜砂利餅、北海道限定ジャガリコ、仙台の萩の月、石垣島ペンギン食堂のらー油など、待ち遠しい物もあるが、それらも大概はネットで注文できる。

改めて土産の価値とは何なのだろう?

『温泉をよむ』,日本温泉文化研究会,2011にこんな記述がある。

 

土産とはその文字が示すごとく、元来その土地で生産されたもの、すなわち土地のものを材料とし、その土地の人びとによって作られたものである。したがって土産品には、それを生み出す地理的な環境や製造技術、あるいはそれを支えた地域の歴史的・社会的背景などさまざまな事柄が内在している。

 

最近のお土産は、売っている場所とは違う場所で生産され、その地の名前だけが機械的につけられ、どこででも手に入るものが多い、made in Chinaなんてざらだ。

僕が考えるお土産の価値は以下と考える。

<渡す側の価値>

観光地に行ったという証が欲しいだけ、リア充をアピールするための自己満足

<受取る側の価値>

大事にされている、気にかけてもらっているという証

 

それだけでお土産には価値があるのかもしれない。

次の出張でも、家族、職場の反感が怖く、土産を購入するだろうね。一番安いのにしよう。

【参考】

・日本の観光土産市場は、2兆5000億円(観光物産総合研究所調べ)ということであるが、今後の動向が気になる。

・地域際発見プロジェクトということで、地域の隠れた名品を東京(上野)で販売するという店も人気を呼んでいる。先日、おもわず1万円分買ってしまった。

■のもの

http://www.jreast.co.jp/nomono/index.html

投稿者: Yoshitomo-blog

健全なる批判精神を身につけたいと考えブログを書こうと思いたちました。 社会全般、キャリア教育、子育て等を中心に徒然につづりたいと思います いつまで続くかはわかりません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中