<社会を知る>大人の社会科見学②-もの知りしょうゆ館(キッコーマン野田工場)-

小学生の頃、社会科見学、工場見学が大好きだった。給食センター、牛乳工場、カバン工場・・教科書で見た機械が目の前で動いているのに単純に感動した。

ここ数年、そんな子供の楽しみだった社会科見学が大人の間で人気だ。

ということで、グリコピアー・イーストに続いて大人の社会科見学第二弾!

もの知りしょうゆ館(キッコーマン野田工場) に行ってきた。


最初は工場見学。

醤油作りの方法、これまでの歴史について工場を歩きながらガイドのお兄さんが説明してくれた。土曜日なので工場は動いていなかったけど、映像で動いている様子を見ることができたのでイメージが湧いた。

工場の歴史は、オートーメーション化、自動化、すなわち、雇用削減の歴史だ。

ガイドのお兄さんに聞いたところ、ここ20年で工場勤務の社員数は半分以下になったが、製造量は倍近くに増加したとのことだ。

工場見学での醤油に関する知識習得後は、キッコーマンガールズ指導による、体験醤油作り体験。


しょうゆ、味噌、酢、納豆、かつお節、塩辛、漬物、日本酒、日本には数多の発酵食品があるが、科学的知識もない中でこんなものよく考えたなぁと改めて感心した。カビを入れるんですよ。緑の粉がまってたよ。

参考)ローソン、ゼリー17万個回収 一部商品にカビが混入

最後は、食の欲求も満たしてフィニッシュ。(しょうゆうどん、豚汁(味噌なし)、しょうゆソフト)

知識習得と実体験の組み合わせにより、醤油の作り方が腹に落ち(大豆、小麦、塩水、これにキッコーマン菌を加えて発酵させて作る。 )知識欲が満たされると共に、食欲も満たされた。

グリコピアと違い、もともとあった工場をうまく有効利用し見学できるようにしているのも好感がもて、大変満足感の高い工場見学だった。

☆☆☆☆☆(星5つ)


ほんとの最後に、醤油の食べ(なめ)比べをしたが、味の違いはなんとなくわかるが、食事によってどう使い分けるか全くわからない。
繊細な舌を持つ日本人向けの多品種戦略はうまくいっているのだろうか。。イギリスでは絶対にうまくいかないだろうな・・

<関連する記事>

<社会を知る>大人の社会科見学①-グリコピア・イースト-

投稿者: Yoshitomo-blog

健全なる批判精神を身につけたいと考えブログを書こうと思いたちました。 社会全般、キャリア教育、子育て等を中心に徒然につづりたいと思います いつまで続くかはわかりません。

“<社会を知る>大人の社会科見学②-もの知りしょうゆ館(キッコーマン野田工場)-” への 21 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中