<教育を知る>子育て苦手なパパが子育てに関わるまで-芦花小サマーワークショップをコーディネート-

僕は子供と遊ぶのが苦手だ。もちろん一緒に遊んでいて、子供が喜んでいたり、子供の成長を感じたりするのは嬉しいが、お医者さんごっこをしている行為そのものは全く楽しくない。むしろ苦痛だ。(別のお医者さんごっこなら・・・失礼)

職場の同僚パパが、子供と一緒に遊ぶのを心から楽しんでいる話を聞くと(りかちゃん遊びが本当に楽しいのか?はなはだ疑問はあるが)僕は人として、親として、どこか欠陥があるのではないか?と自己嫌悪に陥ることが1年に3分位ある。

同僚パパから、「自分がやりたいことを子供と一緒にすればいいんですよ」とアドバイスを受けたので、唯一の趣味がお酒を飲むながら本を読むことなので、僕は公園やカフェに行きお酒を飲みながら本を読み、その間、子供は自由に遊ばせていた。何度かこれを繰りかすうちに、我が家では僕と子供だけで外に出かけることが許されなくなった。

そんな子育て苦手な僕が一念発起して(実態はそうせざるをえない事情があったのだが・・)、「地域と教育(子育て)」をマイテーマにしたのが今年の正月だった。

地方創成が叫ばれる中、2015年12月に、新しい時代の教育や地方創生の実現に向けた学校と地域の連携・協働の在り方と今後の推進方策について(中央教育審議会)が答申、コミュニティスクール学校支援地域本部が改めて注目され、自分の中で旬なテーマだったので、同じ悪党顔の石破さんに相乗りさせていただいた。

さて、具体的に何ができるのか・・

娘が通う芦花小学校では夏に学校運営委員会とPTA共催で、保護者、地域住民が講師となるサマーワークショップ(約40講座)を開催している。2016年度から、芦花小学校は世田谷区学校支援地域本部に指定されることが決まっていたのでサマーワークショップを拡充しようという動きもある。ここで講座をできれば、地域と子育ての両方に関わることになるのではないかと短絡的に考えた。

しかしながら、僕には何の専門性もない。自分では講師にはなれない悲しい現実。確かに自分は教えられるものを何ももっていない、でも僕は日々、専門性の塊のような人々と一緒に仕事をしている。そう、大学の教員(研究者)である。

自分がこれまで仕事で行ってきた産学連携・地域連携のコーディネートを参考に、小学校と大学(研究者)を繋げることができるのではないか、すなわち芦花小サマーワークショップの講師を本学の教員にお願いしたのである。

今回、私のわがままなお願いにも関わらず講師を引き受けてくださった先生方、そして小学校との間を取り持ってくださった芦花小学校学校支援コーディネーターの皆様に心から感謝いたします。

思考力とコミュニケーション力を育てる《哲学対話》 河野 哲也 (立教大学 教授 )

通学路は安全? ~こどもの目からみた交通安全~ 一ノ瀬 佳也 (立教大学 特任准教授 )

講座の対象は4年生〜6年生。娘は2年生で対象外。ご愛嬌ということで。

投稿者: Yoshitomo-blog

健全なる批判精神を身につけたいと考えブログを書こうと思いたちました。 社会全般、キャリア教育、子育て等を中心に徒然につづりたいと思います いつまで続くかはわかりません。

“<教育を知る>子育て苦手なパパが子育てに関わるまで-芦花小サマーワークショップをコーディネート-” への 3 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中