<社会を知る>大人の社会科見学⑥-キリン横浜ビアビレッジ工場-

大人の社会見学第6弾はキリン横浜ビアビレッジ。サントリー武蔵野ビール工場に続いて、大好きなビールの工場見学、「一番搾り うまさの秘密体感ツアー」に参加してきた。2016年10月にリニューアルされたばかりの施設は先鋭的で美しかった。

予約は11時40分だったけど、早目に着いたので10時からのツアーに変更してもらった。たまたまキャンセが出たのもあるけど柔軟な対応に感謝。

早く着いても遊べるところ(時間を潰せるところ?)がいっぱい。

スマートカットカートンを作ろう!ということで、自分の写真をとってそれを表紙にして、段ボールでできたビールケース(ミニュチュア版)を作ることができる。これは面白い。

その他、クイズやビールの作り方等が楽しく学べる展示がいっぱい。これだけで、もう工場見学は必要ないんじゃないかと思う充実ぶり。

いよいよ工場見学開始。

まずはビールの原料についてお勉強。ビールは麦芽・ホップ・天然水からできています。ということで、麦芽を食べた。なんかこれだけで酔っ払いそうだわ。意外といける。ホップは匂いが強烈、とても食べられない。(ここまでサントリー工場見学と同じ)

サントリーとの違いは、「一番搾り麦汁」にこだわっているところ。サントリーは水にこだわっていたけど、キリンは「一番」にこだわっている。


一番搾りと二番搾りの飲み比べをしたが、明らかに一番搾りは甘味があり美味しい。「やらせ」じゃないかと思うくらいだ。

仕込み行程についても、詳細な説明があり、改めてビールの奥深さを知る

発酵については、ゲーム感覚で楽しめる。10月にリニューアルされたばかりというのが、こういう設備を見るとよくわかる。飽きさせない仕掛けがたくさん。



そして、いよいよメインイベント。見学者の9割、いや99%はこれを目当てに来ていると言っても過言ではない。しかし・・・残り1%は・・・私だ。諸事情あり車で来ていたので飲むことできず・・地獄。。(こちらもサントリーの時と同文・・)

りんご水と柿の種(KIRIN横浜工場限定)を楽しみました。でもやっぱりビールが飲みたかった・・

ビールの美味しい注ぎ方講座。やっぱりありました。


また飲みたくなるやん。やめてくれ。。

まとめ

サントリー工場に続き、同じビールを作っている、キリン工場に行くことで、それぞれが拘っているもの(水、一番搾り)がわかっ。これまでは酔えれば何でもいーやと思っていたが、今後はそれぞれの味をしっかりと味わいながら飲もう。

<工場見学の詳細>
■催日:休館日-末年始を除く全日、スタート時間-0時、11時、12時、13時、14時、15時、16時

■所要時間:約80分間(試飲時間含む)

■人数:5名様※中学生以下のお子様は、保護者の方の同伴が必要

■参加費:無料

■予約

インターネットhttp://www.kirin.co.jp/entertainment/factory/yokohama/tour/

電話045-503-8250

<関連する記事>

<社会を知る>大人の社会科見学①-グリコピア・イースト-

<社会を知る>大人の社会科見学②-もの知りしょうゆ館(キッコーマン野田工場)-

<社会を知る>大人の社会科見学③-インスタントラーメン発明記念館-

<社会を知る>大人の社会科見学④-千歳清掃工場・千歳温水プール-

<社会を知る>大人の社会科見学⑤-サントリー武蔵野ビール工場-

投稿者: Yoshitomo-blog

健全なる批判精神を身につけたいと考えブログを書こうと思いたちました。 社会全般、キャリア教育、子育て等を中心に徒然につづりたいと思います いつまで続くかはわかりません。

“<社会を知る>大人の社会科見学⑥-キリン横浜ビアビレッジ工場-” への 8 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中