<書籍を知る>日本人の9割が知らない遺伝の真実

「言ってはいけない 残酷すぎる真実」の便乗本(著者談)。慶応大学教授がアカデミックなエビデンスに基づき丁寧に説明。遺伝で決まるから教育に意味がないではなく、だからこそ、親が子供に多様な機会を与え観察して何が得意かを見極めることが重要だと感じた。

以下抜粋

・子ども自身がそれぞれのことがらを好きか嫌いか、それらにどのくらい時間を費やしているかは遺伝と非共有環境だけで説明p96

・才能の発見とはまだ発現していないものを発現させることよりもすでに発言してるものの中に文化的・社会的価値を見出していくことp156

投稿者: Yoshitomo-blog

健全なる批判精神を身につけたいと考えブログを書こうと思いたちました。 社会全般、キャリア教育、子育て等を中心に徒然につづりたいと思います いつまで続くかはわかりません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中