<書籍を知る>『働き方改革の不都合な真実』 常見陽平、おおたとしまさ

ホワイトカラー・エグゼンプションを「定額使い放題」表現するのが秀逸。働かせ改革にしないためにも、実際に働いている私たちが考えないといけない。

・この問題は本来、労働者であり生活者であるぼく達自身が、自分の社会の未来を見据えながら真剣に考え、決断しなければならない問いp174

・民主主義の基本は、多数決ではなく、対話ですから、少数意見にも光を当てることp175

・働き方改革は結局のところ、高度プロフェッショナル制度、裁量労働制の拡大という与党と経団連の夢を実現するための欺瞞に満ちた劇場p181

投稿者: Yoshitomo-blog

健全なる批判精神を身につけたいと考えブログを書こうと思いたちました。 社会全般、キャリア教育、子育て等を中心に徒然につづりたいと思います いつまで続くかはわかりません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中