<書籍を知る>『誰が日本の労働力を支えるのか?』 寺田知太

2015年12月に野村総研と英オックスフォード大学との共同研究としてリリースされた「日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に」は衝撃的だったが、その内容について説得力をもって説明されていて勉強になった。

・2極化する人の役割

「目的を決める」「どこに人口知能を用いるかを決める」「人口知能が提示された選択肢に対して意思決定をする」といった、本当のトップの仕事と、人工知能で行うにはコストが合わない、要は人で取り組んだほうがコストがかからない仕事に、人の役割は二極化していくp188

投稿者: Yoshitomo-blog

健全なる批判精神を身につけたいと考えブログを書こうと思いたちました。 社会全般、キャリア教育、子育て等を中心に徒然につづりたいと思います いつまで続くかはわかりません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中