<書籍を知る> 『メモの魔力』前田裕二

中学時代に「図書(読書)」という授業で『知的生産の技術』, 梅棹 忠夫を読んで論文を書く授業があった。30年たち、この本を読み、ようやくあの授業の意味がわかった。

・人の成長という観点において、本当にメモは偉大

①知的生産性が増す

②情報獲得の伝導率が増す

③傾聴能力が増す

④構造化能力が増す

⑤言語化能力が増すp38

・メモ術のエッセンスは、シンプルに3点

①インプットした「ファクト」をもとに、

②気づきを応用可能な粒度に「抽象化」し、

③自らのアクションに「転用」する

この3つに尽きますp46-47

投稿者: Yoshitomo-blog

健全なる批判精神を身につけたいと考えブログを書こうと思いたちました。 社会全般、キャリア教育、子育て等を中心に徒然につづりたいと思います いつまで続くかはわかりません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中