<書籍を知る>『 アマゾン、ニトリ、ZARA…… すごい物流戦略』角井 亮一

日本の物流の正確性、丁寧さは稀有。この本でオムニチャネルの意味が少しわかった。

・戦略物流思考は、物流をプロフィットセンターとして捉え、物流コストをかけることで、商品単価を上げたり、販売量を増やしたりして、売上向上につなげます。p16

・オムニチャネルを簡単に整理すると、「どんな注文方法にも、どんな受け取り方法にも対応する、お客様満足度の高い商売の仕組み」p233

・オムニチャネルクリアしなければならないポイント「在庫の一元管理」。「価格の統一」。「店員の教育」p243-244

投稿者: Yoshitomo-blog

健全なる批判精神を身につけたいと考えブログを書こうと思いたちました。 社会全般、キャリア教育、子育て等を中心に徒然につづりたいと思います いつまで続くかはわかりません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中