<書籍を知る>『アフターデジタル』藤井保文,尾原和啓

コロナウイルス感染症感染防止の対応で、あらゆるものがデジタルに一気に振ったけど、アフターコロナは元のアナログに戻るのか、アナログとデジタルが溶け込んだ形になるのかは大変重要な論点。

普通にしていたら、アナログに戻る可能性が高いのでは。

・オンラインがオフラインを侵食して溶け込み、ユーザーのあらゆる行動データが一つひとつ取得できる時代p43

・顧客は「オンラインとかオフラインとか」といちいち考えておらず、その時最も便利な方法で買いたいだけp62

投稿者: Yoshitomo-blog

健全なる批判精神を身につけたいと考えブログを書こうと思いたちました。 社会全般、キャリア教育、子育て等を中心に徒然につづりたいと思います いつまで続くかはわかりません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中