<社会を知る>大人の社会科見学⑫-森永製菓工場見学(栃木小山工場)-

大人の社会見学第12弾は森永製菓!森永乳業の兄弟会社であり、本家本元です。

IMG_6885

工場の敷地に入ると、キョロちゃんがお出迎え。懐かしい気持ちになります。

IMG_6891
キョロちゃん

早めについたので待っている間に森永製菓の歴史をお勉強。戦後の財閥解体の影響等で、森永乳業も森永製菓から分社したとのこと。案内係のお姉さんがお菓子をくれたり、アニメを流してくれたりとすごく丁寧な対応をしてくれて、冒頭から好感触。

IMG_6886
壮大なる森永の歴史年表

工場見学では、写真撮影禁止。残念。秘密保持というより、衛生上の観点かな。

IMG_6882
説明

小山工場では年間、キャラメル11万箱、チョコボール17万箱、エンゼルパイ4万箱、生ラムネ8万袋を作っているとのこと。すごい量だ。これだけの量を約300人の従業員で作っています。

工場見学をしてても人の気配は感じられず、ほとんど機械化、自動化していて工場を作っても雇用は生まないんだなーと思いました。

金のキュロちゃん発見!これが、キュロちゃんおもちゃ箱の最高峰

おっとと、チュパチャプスも森永製菓だと知った。

まとめ

小山工場の人たちの親切な対応が印象的な工場見学だった。やっぱりお菓子の工場見学はおっさんになってもワクワクしますね。

<工場見学の詳細>

https://www.morinaga.co.jp/factory/visit/oyama/index.html

【概要】

小山工場では<キャラメル><生ラムネ><チョコボール><エンゼルパイ>の製造工程を窓越しに見学することが出来ます。

【見学日】

通年(土曜日、日曜日、祝日、工場休日、工場行事、年末年始、ゴールデンウィークは休)

【見学時間】

10:00、13:30(所要時間最大90分。売店利用時間除く)

【工場所在地】

栃木県小山市 大字出井1523-1

<関連する記事>

〈社会を知る〉大人の社会科見学①グリコピア・イースト

〈社会を知る〉大人の社会科見学②もの知りしょうゆ館(キッコーマン野田工場)

〈社会を知る〉大人の社会科見学③インスタントラーメン発明記念館

〈社会を知る〉大人の社会科見学④千歳清掃工場・千歳温水プール

〈社会を知る〉大人の社会科見学⑤サントリー武蔵野ビール工場

〈社会を知る〉大人の社会科見学⑥キリン横浜ビアビレッジ工場

〈社会を知る〉大人の社会科見学⑦マヨテラス(キューピー)

〈社会を知る〉大人の社会科見学⑧イワコー(おもしろ消しゴム)

〈社会を知る〉大人の社会科見学⑨雪印メグミルク工場見学(千葉県野田工場)

<社会を知る>大人の社会科見学⑩味の素KK川崎工場

<社会を知る>大人の社会科見学⑪森永乳業工場見学(東京多摩工場)

<社会を知る>大人の社会科見学⑪-森永乳業工場見学(東京多摩工場)-

大人の社会見学第11弾は森永乳業!毎日、牛乳(無脂肪)でお世話になっています。

東京にある工場ということで近いと思いきや、意外に家から遠かった。

工場見学とチーズ作り体験のセットということで楽しみたのしみ。

工場の敷地に入ると、牛さんがお出迎え。

IMG_6873
かわいい牛さんたち(偽物)

 

①チーズ作り体験(10分)

牛乳と酢で簡単においしいチーズができました。チーズだけで食べると・・・だけど、クラッカーに乗せるとおいしかった!

IMG_6866

②工場についての説明(20分)

まずは座学で、乳製品ができるまでの工程をVTRで見ることができ、工場見学への期待を高めてくれます。

③工場見学(40分)

東京多摩工場では、牛乳・カップ飲料やジュースなどが作られています。写真撮影はNGということだったので、大きなガラス窓の見学通路から、実際に製品が製造されているところを見ることができました。

工場見学は映像だけで見ることが多いのだけど、実際に作っているところを見れるのは本当に楽しいです。AR、VRが発達しても、まだまだリアルが一番!

この工場で作れれたものは「CO」で始まる番号が振られるということで、早速近くのスーパーで商品を確認すると発見して感激。

まとめ

工場見学以来、家で飲む牛乳やヨーグルトは多摩工場で作られたものかな?と意識するようになり、工場のみなさん、そして牛さんに感謝しながらいただくようになりました。アラフォーにして食のありがたさに気づく今日このごろです。

<工場見学の詳細>

https://www.morinagamilk.co.jp/learn_enjoy/factory_tour/factory/tama/index.html#P_link02

・見学可能な日

月~金曜日の平日(祝祭日、年末年始、夏期の一時期は除く)

・見学時間①10:00~11:30 ②13:00~14:30 ※所要時間は約90分

・人数個人:5~14名 団体:15~60名(対象年齢幼稚園・保育園年長以上 ※幼稚園)

<関連する記事>

〈社会を知る〉大人の社会科見学①-グリコピア・イースト-

〈社会を知る〉大人の社会科見学②-もの知りしょうゆ館(キッコーマン野田工場)-

〈社会を知る〉大人の社会科見学③-インスタントラーメン発明記念館-

〈社会を知る〉大人の社会科見学④-千歳清掃工場・千歳温水プール-

〈社会を知る〉大人の社会科見学⑤-サントリー武蔵野ビール工場-

〈社会を知る〉大人の社会科見学⑥-キリン横浜ビアビレッジ工場-

〈社会を知る〉大人の社会科見学⑦-マヨテラス(キューピー)-

〈社会を知る〉大人の社会科見学⑧-イワコー(おもしろ消しゴム)-

〈社会を知る〉大人の社会科見学⑨雪印メグミルク工場見学(千葉県野田工場)

<社会を知る>大人の社会科見学⑩-味の素KK川崎工場-

 

<社会を知る>大人の社会科見学⑩-味の素KK川崎工場-

大人の社会科見学、記念すべき第10弾は味の素!

川崎工場がある地域は「味の素村」というのがふさわしい。味の素に圧倒されぱなっしだった。世界のAJINOMOTOは違います

「味の素」工場、「ほんだし」工場、「Cook Do」工場の3つの見学コースがありますが、この日は「ほんだし」コース(所要時間約90分)に参加しました。

シアター見学、かつお節削り体験、おにぎり試食の充実した内容。

①シアター見学
自然の恵みをおいしさに!うま味のある暮らしのあゆみを360度の大迫力スクリーン映像で体感!これは結構感動します。ネズミ―ランドに匹敵するよ。ほんと。

IMG_5304.JPG
シアター見学

②「ほんだし」製造工程見学
こだわりのかつお節から作られる「ほんだし®」の製造工程見学と、本格的なかつお節削りを体験!

IMG_5326
アジバンダ号で工場内を移動します。スケールが違う・・

③かつお節削り体験

④「ほんだし」おにぎり試食

まとめ

冒頭にも書いたが、世界のAJINOMOTOを感じた工場見学だった。100年前にうま味調味料を発見した偉業。

他のコースも絶対に参加したいですね。

IMG_5340

<工場見学の詳細>

https://www.ajinomoto.co.jp/kfb/kengaku/index.html

【概要】

「味の素®」工場、「ほんだし®」工場、「Cook Do®」工場の3つのコース

【実施日程】

月曜日~土曜日

【参加者】

中学生以下の方は、保護者同伴、コースにより、年齢制限あり

・「味の素」コースは小学生以上が見学対象

・「Cook Do」コースは小学5年生以上が見学対象

【所在地】

神奈川県川崎市川崎区鈴木町3番4号

<関連する記事>

〈社会を知る〉大人の社会科見学①グリコピア・イースト

〈社会を知る〉大人の社会科見学②もの知りしょうゆ館(キッコーマン野田工場)

〈社会を知る〉大人の社会科見学③インスタントラーメン発明記念館

〈社会を知る〉大人の社会科見学④千歳清掃工場・千歳温水プール

〈社会を知る〉大人の社会科見学⑤サントリー武蔵野ビール工場

〈社会を知る〉大人の社会科見学⑥キリン横浜ビアビレッジ工場

〈社会を知る〉大人の社会科見学⑦マヨテラス(キューピー)

〈社会を知る〉大人の社会科見学⑧イワコー(おもしろ消しゴム)

〈社会を知る〉大人の社会科見学⑨雪印メグミルク工場見学(千葉県野田工場)

<社会を知る>大人の社会科見学⑧-イワコー(おもしろ消しゴム)-

大人の社会見学第8弾はイワコー。そう、外国人観光客に大人気のおもしろ消しゴムを作っている会社。予約が困難な中行けてめっちゃうれしい。

外見は下町の街工場。

工場案内人はイワコーの元社長(79歳で一度引退、82歳で再登板したとのこと)

イワコーを有名にした功労者自ら案内してくれるのです。

まずは、おもしろ消しゴムの作り方を大型機械の前で説明(この機械は数千万円するらしい)

みなさんご存じのように、イワコーの消しゴムはいくつかの部品が組み合わさって構成されているんだけど、ひとつひとつの部品は、様々な金型を組み合わせて作ってます。


3つの部品からできてます


内臓?をくっつけます


ジンベイ鮫の完成。これで200円とか凄くないですか。

消しゴムは全て自分たちで企画して作っているとのこと。

えびのしっぽの金型: 50万円

たけのこの皮を取ると中もリアルたけのこの金型:70万円

サッカーボールの中身:時価?


サッカーボールがこんなに細かく分かれてるって凄くないですか

消しゴムは移動するとスレてしまってダメになるので、近所で組み立てる必要があり、300人くらいの地元の方が内職で作ってるとのこと。地元に雇用を生み出してるねー。素晴らしい。

場所を移動して、元社長のありがたいお話と、おもしろ消しゴムの組立体験をします。

・消しゴムは外国人観光客の需要もあるが、最近は歯医者のプレゼントとして需要があるとのこと。

・同じものを作る必要はない。常に新しい商品を考え、作り続けるチャレンジ精神が必要→作ったものはすぐに中国で真似されてもっと安く売られるので、常に新しいものを産み出さないと生き残れない。

・消しゴムで世の中の子供達を幸せにしたい

中卒で田舎から東京に出てきて文房具屋さんに住み込んでお金を貯めた後に、独立してこの工場を作った元社長。

「みんなも頑張れば何でもできる!」

と何度も子供たちに向かって語りかけていた。熱い。

子どもたちは、おじさん「何言ってるんだろう?早く消しゴム組み立てたい!」って感じで聞いてたけど、いつかこの話しを思い出す時があるはずだ。

最後は、お土産に、半額でおもしろ消しゴムを購入。太っ腹!



 

おもしろ消しゴム紹介


<工場見学の詳細>

http://www.iwako.com/factory-information

■見学内容 : 普段見ることの出来ない大型の消しゴム製造マシンを見ながら、 消しゴムのしくみについても勉強しちゃいましょう!

■費用 : 無料

■実施人数 : 一回あたり約20名

■予約:電話で、2ヶ月先の予約まで対応。【048-998-5502】

 

<関連する記事>

<社会を知る>大人の社会科見学①-グリコピア・イースト-

<社会を知る>大人の社会科見学②-もの知りしょうゆ館(キッコーマン野田工場)-

<社会を知る>大人の社会科見学③-インスタントラーメン発明記念館-

<社会を知る>大人の社会科見学④-千歳清掃工場・千歳温水プール-

<社会を知る>大人の社会科見学⑤-サントリー武蔵野ビール工場-

<社会を知る>大人の社会科見学⑥-キリン横浜ビアビレッジ工場-

<社会を知る>大人の社会科見学⑦-マヨテラス(キューピー)-

<社会を知る>大人の社会科見学⑥-キリン横浜ビアビレッジ工場-

大人の社会見学第6弾はキリン横浜ビアビレッジ。サントリー武蔵野ビール工場に続いて、大好きなビールの工場見学、「一番搾り うまさの秘密体感ツアー」に参加してきた。2016年10月にリニューアルされたばかりの施設は先鋭的で美しかった。

予約は11時40分だったけど、早目に着いたので10時からのツアーに変更してもらった。たまたまキャンセが出たのもあるけど柔軟な対応に感謝。

早く着いても遊べるところ(時間を潰せるところ?)がいっぱい。

スマートカットカートンを作ろう!ということで、自分の写真をとってそれを表紙にして、段ボールでできたビールケース(ミニュチュア版)を作ることができる。これは面白い。

その他、クイズやビールの作り方等が楽しく学べる展示がいっぱい。これだけで、もう工場見学は必要ないんじゃないかと思う充実ぶり。

いよいよ工場見学開始。

まずはビールの原料についてお勉強。ビールは麦芽・ホップ・天然水からできています。ということで、麦芽を食べた。なんかこれだけで酔っ払いそうだわ。意外といける。ホップは匂いが強烈、とても食べられない。(ここまでサントリー工場見学と同じ)

サントリーとの違いは、「一番搾り麦汁」にこだわっているところ。サントリーは水にこだわっていたけど、キリンは「一番」にこだわっている。


一番搾りと二番搾りの飲み比べをしたが、明らかに一番搾りは甘味があり美味しい。「やらせ」じゃないかと思うくらいだ。

仕込み行程についても、詳細な説明があり、改めてビールの奥深さを知る

発酵については、ゲーム感覚で楽しめる。10月にリニューアルされたばかりというのが、こういう設備を見るとよくわかる。飽きさせない仕掛けがたくさん。



そして、いよいよメインイベント。見学者の9割、いや99%はこれを目当てに来ていると言っても過言ではない。しかし・・・残り1%は・・・私だ。諸事情あり車で来ていたので飲むことできず・・地獄。。(こちらもサントリーの時と同文・・)

りんご水と柿の種(KIRIN横浜工場限定)を楽しみました。でもやっぱりビールが飲みたかった・・

ビールの美味しい注ぎ方講座。やっぱりありました。


また飲みたくなるやん。やめてくれ。。

まとめ

サントリー工場に続き、同じビールを作っている、キリン工場に行くことで、それぞれが拘っているもの(水、一番搾り)がわかっ。これまでは酔えれば何でもいーやと思っていたが、今後はそれぞれの味をしっかりと味わいながら飲もう。

<工場見学の詳細>
■催日:休館日-末年始を除く全日、スタート時間-0時、11時、12時、13時、14時、15時、16時

■所要時間:約80分間(試飲時間含む)

■人数:5名様※中学生以下のお子様は、保護者の方の同伴が必要

■参加費:無料

■予約

インターネットhttp://www.kirin.co.jp/entertainment/factory/yokohama/tour/

電話045-503-8250

<関連する記事>

<社会を知る>大人の社会科見学①-グリコピア・イースト-

<社会を知る>大人の社会科見学②-もの知りしょうゆ館(キッコーマン野田工場)-

<社会を知る>大人の社会科見学③-インスタントラーメン発明記念館-

<社会を知る>大人の社会科見学④-千歳清掃工場・千歳温水プール-

<社会を知る>大人の社会科見学⑤-サントリー武蔵野ビール工場-

<社会を知る>大人の社会科見学⑤-サントリー武蔵野ビール工場-

大人の社会見学第5弾はサントリー武蔵野ビール工場!いよいよ大好きお酒の工場が登場。


ビジュアルシアターでビールの製造行程、サントリーこだわりの天然水自慢のプレゼンを聞いた後に製造工程の見学へ。

挑戦の素晴らしさを伝える言葉「やってみなはれ」。以前ブログにも書いた。

〈子育てを知る〉やってみなはれ

まずはビールの原料についてお勉強。ビールは麦芽・ホップ・天然水からできています。ということで、麦芽を食べた。なんかこれだけで酔っ払いそうだわ。意外といける。

ホップは匂いが強烈、とても食べられない。そして、こだわりの天然水。大手ビール会社3社で天然水のみでビールを作っているのはサントリーだけということ。



仕込み行程は企業秘密も多いのか、あまり詳細には見せてもらえないのは残念。


いよいよメインイベント。見学者の9割、いや99%はこれを目当てに来ていると言っても過言ではない。

しかし・・・残り1%は・・・私だ。諸事情あり車で来ていたので飲むことできず・・地獄。。
なっちゃん(リンゴ)と、キリンフリー(ノンアル)で我慢しました。地獄。。ビール工場の見学に車はありえん。

なっちゃんとおつまみ

ビールの美味しい注ぎ方講座

注ぎ終わると拍手が。これで、飲み会マスターに。

まとめ

サントリーでは4つの工場(東京、京都、熊本等)でビールが製造されているが、各地で天然水の味が異なるので、最終的なビールの味を統一するために技師の人たちが綿密な確認をして、1日2㍑のビールを毎日飲んでいるということだ(うらやましい)

ビールは大量生産された工業製品ではあるけど、職人の魂がこもった作品であると感じた工場見学だった。飲みてぇ。

「なぜザ・プレミアム・モルツは売れ続けるのか」片山修
「われわれがつくっているのは化学薬品ではなくビールであり、味そのものです。お酒造りはなんでもそうですが、味をつくるのは人です。人が日々実務を重ね、研鑽を重ねながら目標とする味に近づいていくんです。」p140

<工場見学の詳細>
開催日:年末年始、工場休業日をのぞく毎日

開催時間:【平日】 10:00~最終回15:15【土日祝】10:00・11:00・14・00

所要時間:約70分(製造工程見学+試飲)

参加費:無料

 定員:各回40名様

予約:

電話
042-360-9591(受付時間:9:30〜17:00)

インターネット
http://webapl.suntory.co.jp/factory/musashino/course/c__00013/?LISTFLG=1

 

<関連する記事>

<社会を知る>大人の社会科見学①-グリコピア・イースト-

<社会を知る>大人の社会科見学②-もの知りしょうゆ館(キッコーマン野田工場)-

<社会を知る>大人の社会科見学③-インスタントラーメン発明記念館-

<社会を知る>大人の社会科見学④-千歳清掃工場・千歳温水プール-

<関連する書籍>
なぜザ・プレミアム・モルツは売れ続けるのか? (片山 修)

51ym5d2atql

 

<社会を知る>大人の社会科見学④-千歳清掃工場・千歳温水プール-

大人の社会科見学第4弾は、初めての公共機関での見学、清掃工場。東京都23区の清掃工場では定期的に土曜日に工場見学を行っているが、今回は特別版ということで、清掃工場と隣接している千歳温水プール(清掃工場の廃熱を有効活用して運営している)とのセット企画だった。



最初に23区の清掃工場概要を映像で確認した後、清掃現場に。初の試み!工場長の計らいで、ごみバンカに運び込まれたゴミをごみクレーンで細かく砕く現場を見ることができた。これはすごい迫力。ただ、正直匂いはきつい。仕事してる人に感謝。


次に、体験学習用ごみ収集車(マジックミラー収集車・・)でゴミが入るところをリアルに体験。子供たちは大喜び。


次に、千歳温水プールに移動。

普段、ここの温水プールには醜い身体を晒しに行くのだが、今回は普段は入れない場所に入るプレミアム感が良かった。

清掃工場の排熱を活用して、どのように温水にするのか、プールの水の濾過の仕方、実際に塩素を計測など、温水プールの仕組みを学ぶことができた。


お土産に謎のぬいぐるみをもらい(狭い家にまたガラクタが・・失礼)終了。


民間企業の工場見学のように洗練されてはいないが、工場、温水プールの従業員の方々が汗だくで説明してくれたのにものすごく好感がもてた。また、縦割りの行政が協力して企画するのも珍しい。こういう姿勢を見ると、ゴミはちゃんと分別しようと思うし、プールの中で用をたすのはやめようと思う。

そして、粗大ゴミとして出されないように、家庭に社会に貢献しよ。

<関連する記事>

<社会を知る>大人の社会科見学①-グリコピア・イースト-

<社会を知る>大人の社会科見学②-もの知りしょうゆ館(キッコーマン野田工場)-

<社会を知る>大人の社会科見学③-インスタントラーメン発明記念館-