<社会を知る>働き方革命の真実 -サイボウズ 青野慶久社長の講演にて-

サイボウズ社長 青野慶久さんの講演を聞く機会があった。

関西弁で親しみがわいたこともあるが、笑いあり、怒りあり、涙ありのバラエティーに富んだめちゃくちゃ楽しい1時間半だった。

超ざっくりとした筋は

子育ては世の中で最も重要な仕事。少子化の解決は将来の消費者を作ること。消費者なくして企業は存続しない。そして少子化の解決には、働き方改革が必要。

青野さんは3度育休をとった社長として有名だが、1度目の育休中に上記の考えが天から降ってきて子育てに関する価値観がガラッと変わったとのこと。

サイボウズでは、働く上で「時間×場所」の自由度を高めていく施策をとっている。

時間と場所のマトリクスで9つの働き方を選択することができる。

サイボウズ式HPより抜粋

青野さんは働き方改革を進める上で、「制度とツールと風土」を一体的に改革する必要があり、特に「風土」の改革がめちゃくちゃ重要で難しいと言っていた。「仏作って魂入らず」じゃないが、制度だけ作って満足している企業がなんと多いことか。

風土を築くためには、公明正大、自立と議論が重要だとのこと。公明正大については、ここでは書けないが、少しお痛した社員(公明正大に違反した)の末路は・・・ようするにやると決めたら徹底する凄さ。サイボウズはこれが凄い。

制度の話しに戻ってしまうが、「時間×場所」の自由度を高める制度を作った先にぶち当たるのは「給与」をどうするかという問題ということだ。仕事の成果に対するより厳密な評価が必要になる、すなわち年功序列をぶっ壊すしかないってこと。

サイボウズでは、「社外的価値」=労働市場での価値と「社内的価値」の2軸で評価している。

【社外的価値=労働市場での価値】

転職したらいくらもらえそうかという金額

【社内的価値】

覚悟(サイボウズへのコミットメント(会社に対してどれだけ尽くせるか))×スキル(努力により増やすことができるものもあれば各個人により生まれつき差があるものもある)

「もっと自由な働き方がしたい」

「有給を増やして欲しい」

「残業をしない職種を作って欲しい」

既に厚遇されている正社員であっても、いろいろな人がいろいろなところで権利主張するが、それが果たすべき義務をより難しく、厳しいものにする事実を忘れてはいけない。

『できるリーダーはなぜメールが短いのか』、安藤哲也

働き方の自由度が高くなった一方で、結果へのコミットメントは強まっているp67

どこまで自信があるのかわからんが、覚悟を持って権利主張して欲しい。

<参考>

サイボウズ式:サイボウズの給料は「あなたが転職したらいくら?」で決めています

https://cybozushiki.cybozu.co.jp/articles/m001020.html

<参考文献>

新幹線でサクッと読んだ。残業がしにくい職場になり日々追われながら仕事してるが生産性をもっと上げないとかいけないわ。

パパの働き方が社会を変える! https://www.amazon.co.jp/dp/4863193866/ref=cm_sw_r_sms_c_api_oXtoybVF12RCJ

新しいパパの働き方 https://www.amazon.co.jp/dp/4058002905/ref=cm_sw_r_sms_c_api_4YtoybBV7WP76

できるリーダーはなぜメールが短いのか (青春新書インテリジェンス) https://www.amazon.co.jp/dp/4413044479/ref=cm_sw_r_sms_c_api_f0toyb1DYQ096

<子育てを知る>母親(オカン)とは違う父親(オトン)の役割

PTAとしては父親(オトン)向けに実施する初めてのイベントに参加した。ファザーリングジャパンから講師を招き、土曜日開催で、参加者は80名位いたが、父親(オトン)の参加は20名弱だった。

いろいろためになる話しはあったが、もっとも共感した点は以下である。

・子供に多様な価値観、判断基準を与えることが必要。父性からは冒険、挑戦、母性からは共感、規律。両親はお互いの役割を意識することが必要である。
・やりすぎイクメン
2人目のママになっている。子供の価値観の幅が広がらない。どちらかが、父、母の役割を担う必要がある

ここ数年、イクメンがもてはやされている。料理を作る、洗濯をする、宿題を見る、保育園の送り迎えをする、1日中子供と一緒に遊ぶパパさんたち。素晴らしい。拍手喝采だ。それを否定する気は毛頭ない。

しかし、しかしだ・・「それでいいのかオトン」と正直思う。

それはオカンでもできる、いや、オカンの方が得意ではないか?

「おまえみたいな男尊女卑思考の古い人間がこの日本をダメにするんだ!この老害が」

もっともである。しかし、しかしだ。

それぞれの家庭で事情は違うんだから、各家庭で父母の役割も違っていいんじゃないの?

僕は、イクメンが称賛され、家事、育児をしないパパが避難されるある種の同調圧力が嫌だ。(もちろん、今でも女性が家事、育児を担うものという風潮が強い日本の中で、あえてイクメンがかっこいいという流れを作っていく必要性があるのは承知している)

夫婦間の合意が前提だが、父親絶対の亭主関白の家庭があってもいいではないか。

僕も様々な家事に挑戦したが、クオリティが低いという理由で全てリストラにあった。

「あなたは家事でスポットライトの当たる仕事(料理、洗濯、部屋掃除など)をやる必要はない。月に一度でいいから、トイレ掃除とお風呂掃除を床に這いつくばって徹底的にやってくれ」

流石に妻は僕のことをよく知っている。適材適所だ。

話しはそれたが、父親(オトン)の役割である。

父性からは冒険、挑戦、母性からは共感、規律

我が家は嫁が規律を重視するあまり、子供たちが保守的で、面白味のない人間になるのではないかと心配している

「そこは登ったら危ないからダメ」、「食事中はしゃべったらダメ」

ダメ、ダメ、ダメで本当にいいのか日本の子供たちよ。

僕も、冒険、挑戦のすばらしさを子供に伝えるために努力している

娘(7歳)とのエピソード
信号があるが車通りが少ない横断歩道で、信号が赤だが渡ろうとすると

娘:「赤は渡ったらダメなんだよ」

私:「ルールを守るのは大切だよ。でもね、もしも横断歩道で倒れている人がいて車にひかれるかもしれないのに、信号が赤だから助けに行かないって、それでいいの?よくないでしょ。状況によってはルールを破ることが正しい時もあるんだよ

娘:黙って考えた後に、「その状況だと確かにそうだけど、今はそんな状況じゃないよね」

私:沈黙

息子(3歳)とのエピソード

息子と二人で散歩している時に少し高い塀があったので、これはチャンスだと思い、「ここに登ったら危ないからダメってママに言われたよ」という息子をムリヤリ塀に上げて歩かせた。案の定、塀から落ちて泣いたのだが、

「挑戦して、痛みを知ることも大事なことだよ」

と諭した。

僕は満足気に家に帰ると、息子が塀から落ちたことを妻にチクり始めた。やばい。

妻から塀に登らせた理由を求められたので、ライオンが子供を谷に落とすように生きる力をつけるため、うんぬんかんぬん・・・

「あんたは、挑戦をはき違えている。単に子供を危険にさらしただけ。二度としないで!」と一蹴。

まとめ

現代社会の夫婦関係において、子供に父性を伝えることは難しい

<子育てを知る>父親(オトン)が子どもとがっつり遊べる時間はそう何年もない(題名パクリ)

「今日は何時に帰ってくるの?」

「うーん、9時(21時)くらいかな」

「できるだけ早く帰って来てよ!わかったの!」

朝の定番の会話である。

 ▼

もちろん妻とではない、小学校2年生の娘との会話である。

僕が、鬼ママの避難地として求められているのはわかっているが(一緒に怒られるだけ)誰かに求められるのは嬉しいもんだ。(承認欲求)

ふと思う。

こんな会話ができるのはいつまでだろうかと・・

平成27年版 子供・若者白書(内閣府)によると、父親が子供と1週間で会話する時間は4時間以下が31,8%と圧倒的に多い。それに対して母親は10~19時間が20,1%と多くなっている。


我が家もまさにこの調査通りであり、パパ、ママの子供との関わりには歴然とした差があり、今更埋めることはできない。でも、パパだって子供たちと関わりたいと思ってる。

最近、言い得て妙だと思った同僚の発言

「今が1番かわいい時だね」子供が2歳の時から毎年いろんな人に言われてきた。その度に、「そうですよね。今が1番可愛いですよね」と答えて来た。子供は7歳になった。でも思うんだよね。今がまだ1番かわいいって

子供はいつまでたっても可愛い。

でもいつか親から離れていく、それが健全な姿だ。

小学校も高学年になると習い事等で一緒にいれる時間は激変するだろう。だからこそ、今一緒にできることをしたいと思う。

公園で一緒に遊ぶ、家でおままごとする、はなんか違う気がする。そんなことは、僕とするよりも、友達とする方がよっぽど楽しいはずだ。

父親と一緒だからこそできる体験(工場見学、BBQ、キャンプ、美食ツアー、カフェ巡り(ようするにお酒が伴うイベント)等)を一緒に楽しめればいいなぁと思う。決して、公園で一緒に遊んだりするのが嫌なわけではない・・けっして。

たとえ、それが親のエゴだとしても、いつかわかってくれる日が来ると信じて。

〈関連する書籍〉

関連するというよりか、題名パクった

父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない、布施 太朗  

<社会を知る>大人の社会科見学⑥-キリン横浜ビアビレッジ工場-

大人の社会見学第6弾はキリン横浜ビアビレッジ。サントリー武蔵野ビール工場に続いて、大好きなビールの工場見学、「一番搾り うまさの秘密体感ツアー」に参加してきた。2016年10月にリニューアルされたばかりの施設は先鋭的で美しかった。

予約は11時40分だったけど、早目に着いたので10時からのツアーに変更してもらった。たまたまキャンセが出たのもあるけど柔軟な対応に感謝。

早く着いても遊べるところ(時間を潰せるところ?)がいっぱい。

スマートカットカートンを作ろう!ということで、自分の写真をとってそれを表紙にして、段ボールでできたビールケース(ミニュチュア版)を作ることができる。これは面白い。

その他、クイズやビールの作り方等が楽しく学べる展示がいっぱい。これだけで、もう工場見学は必要ないんじゃないかと思う充実ぶり。

いよいよ工場見学開始。

まずはビールの原料についてお勉強。ビールは麦芽・ホップ・天然水からできています。ということで、麦芽を食べた。なんかこれだけで酔っ払いそうだわ。意外といける。ホップは匂いが強烈、とても食べられない。(ここまでサントリー工場見学と同じ)

サントリーとの違いは、「一番搾り麦汁」にこだわっているところ。サントリーは水にこだわっていたけど、キリンは「一番」にこだわっている。


一番搾りと二番搾りの飲み比べをしたが、明らかに一番搾りは甘味があり美味しい。「やらせ」じゃないかと思うくらいだ。

仕込み行程についても、詳細な説明があり、改めてビールの奥深さを知る

発酵については、ゲーム感覚で楽しめる。10月にリニューアルされたばかりというのが、こういう設備を見るとよくわかる。飽きさせない仕掛けがたくさん。



そして、いよいよメインイベント。見学者の9割、いや99%はこれを目当てに来ていると言っても過言ではない。しかし・・・残り1%は・・・私だ。諸事情あり車で来ていたので飲むことできず・・地獄。。(こちらもサントリーの時と同文・・)

りんご水と柿の種(KIRIN横浜工場限定)を楽しみました。でもやっぱりビールが飲みたかった・・

ビールの美味しい注ぎ方講座。やっぱりありました。


また飲みたくなるやん。やめてくれ。。

まとめ

サントリー工場に続き、同じビールを作っている、キリン工場に行くことで、それぞれが拘っているもの(水、一番搾り)がわかっ。これまでは酔えれば何でもいーやと思っていたが、今後はそれぞれの味をしっかりと味わいながら飲もう。

<工場見学の詳細>
■催日:休館日-末年始を除く全日、スタート時間-0時、11時、12時、13時、14時、15時、16時

■所要時間:約80分間(試飲時間含む)

■人数:5名様※中学生以下のお子様は、保護者の方の同伴が必要

■参加費:無料

■予約

インターネットhttp://www.kirin.co.jp/entertainment/factory/yokohama/tour/

電話045-503-8250

<関連する記事>

<社会を知る>大人の社会科見学①-グリコピア・イースト-

<社会を知る>大人の社会科見学②-もの知りしょうゆ館(キッコーマン野田工場)-

<社会を知る>大人の社会科見学③-インスタントラーメン発明記念館-

<社会を知る>大人の社会科見学④-千歳清掃工場・千歳温水プール-

<社会を知る>大人の社会科見学⑤-サントリー武蔵野ビール工場-

<社会を知る>大人の社会科見学⑤-サントリー武蔵野ビール工場-

大人の社会見学第5弾はサントリー武蔵野ビール工場!いよいよ大好きお酒の工場が登場。


ビジュアルシアターでビールの製造行程、サントリーこだわりの天然水自慢のプレゼンを聞いた後に製造工程の見学へ。

挑戦の素晴らしさを伝える言葉「やってみなはれ」。以前ブログにも書いた。

〈子育てを知る〉やってみなはれ

まずはビールの原料についてお勉強。ビールは麦芽・ホップ・天然水からできています。ということで、麦芽を食べた。なんかこれだけで酔っ払いそうだわ。意外といける。

ホップは匂いが強烈、とても食べられない。そして、こだわりの天然水。大手ビール会社3社で天然水のみでビールを作っているのはサントリーだけということ。



仕込み行程は企業秘密も多いのか、あまり詳細には見せてもらえないのは残念。


いよいよメインイベント。見学者の9割、いや99%はこれを目当てに来ていると言っても過言ではない。

しかし・・・残り1%は・・・私だ。諸事情あり車で来ていたので飲むことできず・・地獄。。
なっちゃん(リンゴ)と、キリンフリー(ノンアル)で我慢しました。地獄。。ビール工場の見学に車はありえん。

なっちゃんとおつまみ

ビールの美味しい注ぎ方講座

注ぎ終わると拍手が。これで、飲み会マスターに。

まとめ

サントリーでは4つの工場(東京、京都、熊本等)でビールが製造されているが、各地で天然水の味が異なるので、最終的なビールの味を統一するために技師の人たちが綿密な確認をして、1日2㍑のビールを毎日飲んでいるということだ(うらやましい)

ビールは大量生産された工業製品ではあるけど、職人の魂がこもった作品であると感じた工場見学だった。飲みてぇ。

「なぜザ・プレミアム・モルツは売れ続けるのか」片山修
「われわれがつくっているのは化学薬品ではなくビールであり、味そのものです。お酒造りはなんでもそうですが、味をつくるのは人です。人が日々実務を重ね、研鑽を重ねながら目標とする味に近づいていくんです。」p140

<工場見学の詳細>
開催日:年末年始、工場休業日をのぞく毎日

開催時間:【平日】 10:00~最終回15:15【土日祝】10:00・11:00・14・00

所要時間:約70分(製造工程見学+試飲)

参加費:無料

 定員:各回40名様

予約:

電話
042-360-9591(受付時間:9:30〜17:00)

インターネット
http://webapl.suntory.co.jp/factory/musashino/course/c__00013/?LISTFLG=1

 

<関連する記事>

<社会を知る>大人の社会科見学①-グリコピア・イースト-

<社会を知る>大人の社会科見学②-もの知りしょうゆ館(キッコーマン野田工場)-

<社会を知る>大人の社会科見学③-インスタントラーメン発明記念館-

<社会を知る>大人の社会科見学④-千歳清掃工場・千歳温水プール-

<関連する書籍>
なぜザ・プレミアム・モルツは売れ続けるのか? (片山 修)

51ym5d2atql

 

<社会を知る>ビットコイン始めました

「学生に社会を知るように言うのであれば、自分たちも実体験を伴って社会を知る必要がある」

職員の枠を超えた発想を持ち尊敬する、経済ヤクザ先輩の言葉である。

日本ではマウントゴックスの破綻によりすっかりイメージが悪くなってしまったビットコイン。

マウントゴックス破綻 ビットコイン114億円消失  (日本経済新聞、2014年2月28日)

最近、投資・投機ではなく、実用的な決済手段として改めて盛り上がっている。

ビットコイン 公共料金の支払いに導入へ 国内初(NHK NEWS WEB、2016年9月25日)

社会の潮流を知るために、FinTechを実体験を伴って知るために、ビットコインを購入してみた。


ビットコイン購入前から、すでに為替損でマイナス・・

ライブドア、JAL、USEN、エスグラントコーポレーション・・

これらの企業は、僕が株を購入後、まもなく破綻した(もしくは破綻寸前)、亡霊たちである。

僕が購入する株式はことごとく無価値、もしくは紙屑同然になる。友達に「よしともの逆張りをすれば儲かる」と言わしめるほど、投資(投機?)で失敗している。

しかし、痛みを伴って知るリアルがある。(お金の大切さ、一攫千金なんていう夢のような話はないということを学んだ)

ビットコイン。

一攫千金目指すで!

〈関連説明〉

誰も教えてくれないけれど、これを読めば分かるビットコインの仕組みと可能性 | TechCrunch Japan

<社会を知る>AIによる採用革命で僕はリストラ

「NHKスペシャル 自動運転革命」(2016年9月17日(土)放送)を見て、改めて人口知能(AI)の進化に驚かされた。

人口知能が進んだ先に、私たち人間は生きる意味があるのかとまで考えた。

採用の世界でも、人口知能が台頭し始めている。

人工知能入社試験の選考でも導入(毎日新聞,2016年8月25日)

NECは過去に入社試験を受けた約2000人分の履歴書データと合否結果があれば、その企業がどんな人材を採用してきたかをAIが学習する。AIはこれらのデータをもとに、入社志望者の履歴書の記載内容を分析し、採用方針に合致する人材を選び出す。

服部泰宏、2016、『採用学』、新潮社,p19

ヤフーは、通常のエントリーシートの評価に加え、評価者の主観的判断を可能な限り排除するために、「デジタルジャッジ」というやり方を導入している。採用担当者は、過去の採用データを解析することによって、エントリーシートで記載された内容と実際の選考結果との関係性についてかなりの程度正確な分析結果を手にしている。中略。エントリーシートにおける質問項目を設定することで、ピックアップすべき人材、この段階で落としてはならない人材を確実に検出する

AIの侵食は採用にとどまらず、人事管理全般にまで及ぼうとしている

ビズリーチ、人事管理にAI導入 採用から配置まで一元管理 (日本経済新聞,2016年6月14日)

人材サービスのビズリーチ(東京・渋谷)は社員の採用の経緯や入社後の社内での業績などのデータを集めて分析し、最も効果的な採用方法の選び方や最適と考えられる社員の配置まで一元管理できるサービスを始める。南壮一郎社長は「属人的になりがちだった人事業務を効率化して経営判断にも役立てる」と話した。

先日、リクルートキャリアが主催するセミナーでSPIについて解説があった時に、

「今後、SPIだけで採用を決定する時代は来るのか?」と質問したところ

「基本的に人は数値だけで評価できるものではないと考えている。SPIで測れるものはあくまで基本的な資質(知的能力、性格)であり、企業文化との整合性、求職者の将来性については人間が面接で確認しないとわからない。SPIの結果は面接の際の参考資料でしかない」
と言っていた。

ただ、AIの進化を見ると、その時は迫っていると感じる。
そう、僕がリストラされる日である。

<関連する書籍>

AIを過度に恐れすぎない方が良いのかもしれない。
これからの世界をつくる仲間たちへ 落合陽一

人工知能が職を奪うという恐怖を掻き立てる表現とともに語られますが、ほんとうの問題は、どのようにして人の良いところと人工知能の良いところを組み合わせて次の社会に行くのかということだと思います。コンピュータとの“文化交流”が必要なのですp32


未来に先回りする思考法 佐藤航陽

過去の行動を学習し、自分に適した情報を提供してくれるサービスは、とても楽だし便利です。しかし、パーソナライズの技術は「思ってもみなかった発見」は提供してくれません。過去の行動履歴からパーソナライズをしていくことは、本当の意味での「最適化」をむしろ遠ざけてしまう危険性があるのです。p183