<教育を知る>高校生未来プロジェクトに参加して

2012年12月26日(水)~27日(木) に、

『高校生未来プロジェクト-「学び」がボクらを、社会を変える ワークショップ-』
http://benesse.jp/berd/hirakemirai/index.html

のお手伝い、見学をさせていただいた。

このワークショップは、高校生が自分なりの「勉強」の意味や目的を持つことを目的に1泊2日で、講演を聞いたり、ワークショップをしたりするプログラムである。

厳正な選考をえて北は北海道、南は鹿児島から集まった高校生の知的レベルは高い。議論の質が高い。僕なんて、ダブルスコアの年の差を越えてすぐに論破されそうである。

プログラムの特徴としては、講義も含めて、いわゆる座学型の授業ではなく、講師との対話、高校生同士の対話を重視したインタラクティブなやりとりで進められていく。

講義は、元東大・現オックスフォード大学教授の苅谷剛彦氏が行ったのだが、こんな授業今まで出会ったことがなかった。感動を超えて、感激した。

身近なテーマを例にスタートして、世の中の大きな問題に目を向けさせ、学問とか知識の偉大さを熱く語っていた。その言葉、ストーリー、アトモスフィアに惹きつけられる。
この授業にもっと早く出会っていたら自分の人生は変わったのではないかというほど衝撃的だった。

でも、学生の頃の自分なら、響かなかったかな。

苅谷先生の講義は、真理を探究するという研究者としての原点を大切にしながらもその知を活用し社会の問題を解決する、そして、蓄積した知を次世代へ引継いていくという、研究者、教育者としてのパッションに満ち溢れたものだった。

うまく言葉で表現できないので、最後に箇条書きポイントを記しておきます
(理解が足りない部分も多々あります)

これらプログラムを通しての学生の変化については、このプログラムを見学に北海道から来られた 高校の先生の言葉が全てを物語っている。

プログラム終了後に、突然私の方によってきてこう言われたのだ、

「生徒の顔が最初に来た時と、終わってからでは全く違う。最近の若者は自分の思っている事を人前では話さないと思っていたけど、みんな立派に話しをしている。私は勘違いしていました。生徒は話さないんじゃない、大人が話す場を提供できていないんだということに」

苅谷先生は、最後のメッセージでこのような素晴らしい変化を遂げた学生のことをほめながらも、

「君たちの知識はまだまだ全然足りない。想いだけで語っても説得力がない、議論が深まらないんだよ。想いは蓄積しないんだ」

と語られた。

これは、今回のプログラムはあくまできっかけであり、これを機会に「学ぶ」ということをもっと深めていきなさいという学生への応援メッセージだと僕は感じた。

今後の高校生の意識変容、行動変容については定期的にウオッチして、今回のプログラムのどの部分が、どのようにして高校生の変容に繋がったのかを分析するということだ。再現性を持ったプログラムにするためにも非常に重要なことである。

最近強く感じるのは、「場」、「きっかけ」の重要性、必要性である。

「ゆとり世代だから・・」、「最近の若者は・・」、「言われたことしかできない・・」、
大人は若者にレッテルをはりたがる。自分の無力の言い訳として。

若者は「きっかけ」さえあれば変わるのだ、いや、変わるのではない、本来の自分を出すことができるのだ。

教育機関で働くものとして、子供を持つ父親として、このことを胸に刻もうと思う。
オックスフォード大学教授 苅谷剛彦氏の講義メモ

・いくつかの具体的事例を抽象的に概念化し、その概念を皆が共有することで議論の前提を揃える。その前提を踏まえ、様々な人の間で議論、思考実験を行い、理論化を進め、その理論を他の具体的場面で活用し、新たな問いが生まれる。これこそが大学で行う学問である。これは、誰でも議論に参加できるという開かれた場であると同時に、概念の定義を理解し共通認識を持った人のみが議論に参加することができるという閉じられた場でもある。

・数千年に渡り人類が蓄積してきた知識、1000年に渡りOxford大学で概念化された知を、次の世代へ引き継いでいく。知識を伝えたうえで、それを使ってくれる人を育てること、そして知識を作る人を育てること。それがOxfordの教員のの使命である。

・これまで人類が培ってきた知の蓄積に触れないなんてもったいなすぎる

・日本だからできること

世界でも有数の科学技術力をもった経済大国、世界でも有数の難しい言語を国語にしている非西欧圏で最初に豊かになり、産業化に成功した、60年以上戦争をしていない平和な国

・日本に生きる以上は、受身であれ、主体的であれその社会に参加していることに変わりはない、どういう形で自分は参加するのか

・高校でなぜ勉強するのか?そんなことわかるわけない。高校生は社会的責任を与えられていないのだから、世界の問題に触れる機会がないんだから仕方ない。高校での勉強なんて、人類の知の蓄積のほんの一端に過ぎないちっぽけなもの。それくらい学んでも損はないんだよ。

・知識に罪はない(生徒が興味を持たないのは教える人の問題)

・オックスフォードの入試はディベートする力をみる試験。Oxfordの教員が面接をするが、その採用はいたってシンプル。面接官の主観で決める。日本であればアンフェアであると大問題になるがイギリスでは問題にならない。なぜか?Oxfordの教員は社会から、学生から、保護所から信頼されているから。

・エリート社会を許容する、その変わりエリートは社会に対して何を貢献できるかを考える。それがイギリスの社会

・Oxfordでは、各国の様々な問題を持ち寄り、教員と大学院生でソリューション創出のための議論をしている。そこは世の中の問題を俺が解決するのだというパッションにあふれている。

<地域を知る>岩手県-陸前高田-

陸前高田市は、2011年3月11日の東日本大震災により、市の人口の1割の住人が亡くなり、市役所を始めとする行政機能を含めた、街の機能を全て津波に流された。

陸前高田市の人々は、ほぼ全員が親族、もしくは知り合いを亡くしているという。そういう近所付き合いがいまだ残っている昔ながらの田舎町であった。

僕は、2011年12月にボランティアで、そして2012年11月にボランティア学生の引率スタッフとして陸前高田市を訪れた。

2011年12月

初めて陸前高田市を訪れた時にどうしてもわからないことがあった。

陸前高田市の人々がなぜ僕たちにあんなに優しく接してくれるのかということである。

現地でいろいろな人にお会いする機会があったが皆さんとても親切で、優しい。

ある方は、1日中街を案内してくださり、

「昔はあそこにお店があって、あそこは小学校で」と説明してくれた。

最後は家に招いてくださり食事までごちそうになった。この方は震災で息子さんを亡くされている。

僕は、自分に余裕がない時に人に優しくできない。

なぜ陸前高田の人々はあんなに親切にしてくれるのか。

僕はボランティアに行ったにも関わらず、逆に大きなものをいただいた。

それが最初に陸前高田にいき感じた疑問だった。

心のどこかでその疑問を抱えたまま日々の生活を送りほぼ1年後に陸前高田に行く機会をえた。

2012年11月

陸前高田を再度訪れ、新田部落という地域でボランティアをさせていただく中で、その疑問にたいして、僕なりの1つの答えがでた。

新田部落は、震災前は約70世帯の人々が住むコミュニティだったが、震災により今は20世帯しか残っていない。そしてそのほとんどが高齢者世帯である。

そのような状況の中で行政の動きを待つのではなく自分たちで立ち上がりコミュニティの復興を目指している。

そんな新田部落の復興の中心となっているAさんに、震災当時の様子、震災後の復興の様子などの話しをうかがっている時に学生がこんな質問をした。

「コミュニティの高齢化は進み、子供たちが故郷に戻ってくる可能性もない。そしてこの震災でコミュニティの崩壊は加速度的に進んでいる。このような状況の中でなぜ頑張れるのですか?」

ボランティア活動をしている時は、いつも笑顔を絶やさず、元気に明るく指導してくれるAさんがポツリと答えた

「そりゃさみしいさ。辛いさ。でもおら達は今更、知らない街にいって暮らすこともできね。ここでやっていくしかないんだわ。震災の直後、裏山に逃げて夜を過ごしている時に雪が降ってきた。おら達も、津波で流された仲間たちのように死ぬんだろうかと思った。でも生きた。生きたもんには、生きたもんしかできねぇ、やらなければならないことがあるんだ」

普段絶対に弱音をはかないAさんがつぶやいた言葉、それを聞き、陸前高田の人々の優しさの意味がわかった。

陸前高田の人々は心の中にとてつもない悲しみ、苦しさ、辛さを抱えているのだ、でもそれを出せないのだ、出さないのだ。

・弱音を出したらボランティアに来る人が重くなって次に来てくれないんじゃないかという不安

・弱音を出したら、奮い立たせている自分自身が折れてしまうかもしれない不安

・弱音を出したら、いや出せない、その性格、東北人としての気風

鳥羽市長が私たちに向かって言った言葉を思い出した。

「東北人は強い強いと言われますが違うんです。家に帰って部屋で一人で泣いてるんです」

僕は自分がしんどかったり、辛かったら全力でそれをアピールして誰かに助けてもらおうと思う。

自分の惨状を語り、権利主張を声だかに繰り返しなんとか利権を獲得しようとする人もいる。

自ら声を出すことをしない、出せない、陸前高田の人々、被災地の人々を救わずして他に誰を救えというのだろうか。

幼稚園、中学~大学までキリスト教の学校に通い、現在キリスト教系の大学で勤務しながら、一切、聖書に関心を示さなかった僕であるが、初めてこれまで学んできたことの意味、そして自分が今ここで働いている意味がわかった気がした。

陸前高田の人々はいった

「被災地を忘れないで欲しい。ここで頑張っている人がいることを覚えていて欲しい」

陸前高田のために、これからも個人として、そして組織として関わり続けることを宣言する。

<地域を知る>香川-高松-

2012年11月29日―30日 初めて高松の地に降り立った。

僕は、高松市、香川県をあなどっていた。四国では愛媛、高知が発展しており、香川は面積も狭いし、どちらかといったら寂れているのかなと、根拠なく勝手な先入観で思っていた。

ところがどっこい。
yoshitomoのブログ-高松シンボルタワー

 

高松空港からリムジンバスでJR高松駅へ着き少し歩いてみると僕の根拠のない先入観が間違っていることにすぐに気付く。

まず目に付くのが、高松駅と海の間にそびえる30階建ての高松シンボルタワーである。

街並みは美しい。

日本の三大水城として有名な高松城跡を中心として、城下町の名残かきれいに整備された道には大企業支店の高いビルが立ち並んでいる(高松市は支店経済都市と言われている)。

複数の町を貫くように続いている立派なアーケードを持つ商店街は大変にぎわっている。ボッテガ・ヴェネタ 、グッチ、コーチなどの高級ブランドが立ち並んでいる。
特にこの商店街の1つ丸亀商店街は海外で受賞するなど、世界的に有名で多くの人が視察に来るという。(某大学教授談)

ライオン商店街は夜の店がいっぱいある。行きたかったが体調不良でいけなかった。無念。
yoshitomoのブログ-高松城

平成21年経済センサスによると、高松市で農林水産業に従事する人は全従業者数の0.4%であることからも高松市は立派な商業都市といえる。

また、四国の国の出先機関である財務局、経産局なども高松にあり、地方分権の流れの中で道州制が導入された際には、四国州の州都を狙っているという(高松氏某職員談)

■歴史
歴史的に見ても、香川、高松市は日本の中で重要な位置を示していた。(香川県の歴史、山川出版、1997)

古来より、瀬戸内海は近畿と九州、さらに朝鮮・中国を結ぶ海上交通の動脈として古くから日本の歴史上重要な役割を果たしてきた、その文脈から讃岐は瀬戸内海の会場交通の要所として軍事的に注目されていた。

讃岐は畿内地域との政治的結びつきが強まり、文化的交流が盛んに行われていたのである。
平安時代には、学問の神様 菅原道真が国司として赴任し、中国から日本に真言密教をもたらした空海は讃岐の出身である。どちらも知らなかった。相変わらず僕は無知である。

また江戸時代に多くの藩が財政難に苦しんだが、12万石に過ぎない高松藩がある程度の財政的余裕をもっていたのは、大阪の商人とコラボレーションし土地開発を行い、塩、砂糖、綿を生産する体制を築いたことが大きいという。江戸時代からデべが活躍していたのは驚きだ。

このように、歴史的に、文化的、経済的にも確固たる地位を築いてきた高松市であるが観光地としても面白い。

■観光地として
街づくり

海、山、そして平野に囲まれた街として、市街地と住宅が混在しているのが個人的に好きである。香川で言うと、金比羅山が観光地として有名でもちろん魅力的なのだが、商業地、市街地、住宅が混在した街も魅力的である。東京の谷根千の魅力や、イタリアのナポリの魅力と同じであると思う。

高松は平野なので通勤時にも自転車に乗っている人が目に付くが、僕も駅前でレンタサイクルを借りた。
商店街を抜け、少しわき道に入ると洗濯物を吊るした住宅街がある。こればっかり見てるとただの変態だが、そこに生きている人の匂いを感じれるのがいい。

観光施設

観光施設にもいくつかいった。

四国村はかなりのお金をかけて作ったと思うが、傾斜面にたっている。

長崎のグラバー園のようにエスカレーターがあればいいが、そういう対応がないので、高齢者がいくのは難しいだろう。

誰がターゲットかわからない。維持費も相当かかってるだろうな。

県立ミュージアムは映像と展示物をうまく活用して香川の歴史を説明していて、かなり楽しめる。
ここもお金がかかってるなー。

長崎市もそうだったが、地方のミュージアムはかなり面白い。行かないと損だな。


うどん県宣言をしているだけあって、やはり讃岐うどんでしょ。うまい。宮崎県産のかしわ天が特に

麦蔵
http://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37000874/

yoshitomoのブログ-讃岐うどん

今回の出張では、このような魅力ある高松、香川、そして四国の持続的発展のために、産業イノベーションを産学官金でどのように産み出していくかということについて議論した。

業務用の詳細なレポートはこれから作るのだが、一つ強く感じたのは、これからは香川県という単位ではなく四国という地域単位で、その四国のユニークさ(独自性)を前面に打ち出した街づくり、企業づくりをしていくことが重要であり、必要であるということである。地域分権の流れからもこれは間違いないことだろう。

大学は多すぎると叩かれていはいるが、文部科学省がいう、(COC (Center of Community)構想にあるように、地域の核となる大学は、四国のユニークさを打ち出していくにあたり、さらにその重要性、存在感を増していくと確信している。

具体的取組みについては、実践の中で示していきたい。

日本は面白い。知らないことがいっぱいだ。日本を楽しもう。

<子育てを知る>保育園の運動会-プロジェクト・マネジメント-

初めて保育園の運動会をみた。

子供の頑張り、活躍に、もちろん感動したのだが、それと同じくらい先生たちの頑張りに感心した。

運動会の運営はプロジェクトマネジメントである。

開催までの数ヶ月にわたる準備はもちろんだが、運動会当日に、企画、スケジュール策定、役割分担、進捗管理などのプロマネの要素が全て詰まっている。

その中でも、もっとも大事で、もっともマネジメントが難しいのが、リスク管理だろう。

保育園の子供たちはリスクの塊である。 歩き回る子供、泣き出す子供、トイレに行きたいという子供、疲れて寝てしまう子供、お漏らししてしまう子供、いろんな子供たちがいた。 そんな予測不能な子供達に、先生たちはら限られた資源の中で、その場その場の判断で臨機応変に対応するのだ。

リスク対応担当なんて言う役割をおく程の予算的、人的余裕はないだろう。

先生たちが自分たちの役割がある中で、その場その場の個人の判断で迅速に適切に対応するのだ。 その、対応は芸術的ですらある。

ほんと感動した。 アメリカのホワイトカラーは労働契約書の中に、ジョブ・ディスクリプションが記載されていてその役割の中でしか仕事をしないと聞くが、それだと、

「泣いてる子供の面倒を見るのは私の仕事ではない!」

と言ってしまうので、運動会を運営すことは不可能だろう。

※完全にステレオタイプの味方で、アメリカの保育士さんは実際はそんなことないと思います。

保育園の運動会に日本の暗黙知の真髄をみた気がする。 私が撮ったビデオを見てみると娘の映像よりも、先生たちの活躍の方がおおく写っている。

そして、明らかに可愛い先生ばかりが写っている。 嫁に説明がつかない。

<社会を知る>アナリストの行動特性-リスクヘッジ-

親友でアナリストをしているA氏はリスクヘッジが徹底している。

・常に1万円を靴下の中に入れている
(理由)
いつ、何時、財布を落とすか、すられるか、強奪されるかわからないので、緊急用の資金は確保しておく必要がある

・毎日違うメーカの違う種類の納豆を食べる。
(理由)
特定の商品を食べ続けると、その商品に人体に有害な物質が含まれていた場合にリスクが大きい

こんなブログを書いていることからもわかるように、私はリスクに対してかなりルーズなので、彼の発言に驚くことが多い。

その中でも、特に驚いたのは、彼が自分のキャリアについて語ったときである。

彼は、学生のころからアナリストになることを目指し、入社してからもアメリカの投資会社でトレーニーをし、今ではヘッドハンティングから声がかかる優秀なアナリストである。

そんな彼が、自分のキャリアに不安を覚えるという。

その理由が、

この世の中からアナリストという職業がなくなるリスクがある。

である。

バカじゃないのかと思うが、本気で心配しているのだ。

詳細を聞いてみると、当時リーマンショックが起こり投資に対する不安が広がっていた時期でもあり、かつ、日本経済の世界でのポジションが低下する中で、日本株専門のアナリストという地位にリスクがあると考えているというのだ。

そして、彼は言った。

「仕事が楽しくて、結果もついてきている、成功している今だからこそ、客観的に自分の立ち居地を把握しないといけない。自分の中で、常に、そのくらいの冷静さは持っておきたい」

「仕事が楽しくて仕方ないねん。一生この会社に身を捧げるねん」

と言っている元同期K氏とは正反対の冷静さである。

そんなA氏もリスクを恐れずに果敢に挑戦する一面をもつ。

現在の奥さんと結婚するまでに、

「気持ち悪い」、「もう近寄らないで」

といわれ続け、10回以上振られたにも関わらずアタックし続けたのだ。

ただのストーカーである。

結論。

何事もやりすぎはいけない。

<子育てを知る>英語教育

ユニクロ外国人採用8割、楽天社内公用語は英語、などグローバル化の波が日本にもやってきて久しいが、半年前に我が家にもその波が訪れた。

娘の英語教育である。

嫁が騒ぎ始めたのだ。

「これからは英語を話せないとグローバル社会で生き残れない!そのためには子どもの頃から英語に触れる必要がある。ディズニーの英語教材を購入する(100万円近くするらしい)」

グローバル社会とはどんな社会?英語に触れるとは?など突っ込みどころ満載だが、これからの時代、英語を話せた方が良いという点においては僕も一致した意見なので、とりあえず幼児期の英語教育について、文献をいくつか調べてみた。

いろんな説がある中で、共通してたのは

・発音については5位歳までに英語を聞く機会を持たないとネイティブ並みにはなれない

ということだった。

実際にバイリンガルの人や、言語学者にもヒアリングしたが、これは間違いなさそうだ。

とはいえ、リターンが確実に保証されていない中で100万円の投資はありえないので、ベネッセの英語教材(年間3万円)で落ち着き、始めて半年。

「Apple♪ Good Morning♪」

などの娘の発音は、単語ベースでは、「ビバリー」「オレカン」の登場人物たちと同じ発音だ。
ネイティブ並みである。
もう親でも何を言っているか聞き取れない。

この点では効果をあげている。

ただ、人の脳の容量には限界があるので、英語を入れることにより失っているものもあるはずだ。

今はそれが何かわからないのも怖い。

実験と検証をくりかえすしかない。結果はその後。

嫁も私も英語を話せないのだが、子どもには話して欲しい。
海外の大学に留学したり、海外で働いてもらい、そこに遊びにいきたい。
できたらヨーロッパとかいいな。ハワイもありよ。

親のエゴの塊、子どもの英語教育、壮大なる試み。

ディズニー教材を購入した、友人T氏の御子息の状況が気になる今日この頃である。

<子育てを知る>やってみなはれ

「やってみなはれ」

サントリーの二代目社長・佐治敬三がビール製造進出を決意し、創始者である鳥井信治郎に相談した際に、信治郎が言った言葉である。

photo:01

 

「チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ」

ホンダ創始者である、本田 宗一郎の言葉である。

「為せば成る為さねば成らぬ何事も 為らぬは人の為さぬなりけり」

江戸時代屈指の名君、出羽国米沢藩の第9代藩主、上杉鷹山の言葉である。

「あかん、あかん!そんなん危ないからやったらあかん。ママに怒られるよ!」

娘が、階段2段目からジャンプすると言った時に、はやし よしとも が言った言葉である。

子供には失敗を恐れない、でかい人間になってほしい。

心からそう思っている。