<書籍を知る>『明日のプランニング 伝わらない時代の「伝わる」方法 』佐藤 尚之

さとなおさんの本をファンベースに続き読んだ。“砂一時代”という表現が秀逸。自分の取組みをチーム、組織にそして社会へ広げていくことの大切さを学んだ。

・「砂一時代の生活者へのプランニング」と「砂一時代以前の生活者へのプランニング」は、きちんと切り分けないといけないp88

・古代において預言者はメディアだった。なぜなら、神と人間の間にいて情報を仲介したから。中略。同じように、情報と自分の間に「友人知人」がいたら、それもメディアp99