<書籍を知る>『アフターデジタル』藤井保文,尾原和啓

コロナウイルス感染症感染防止の対応で、あらゆるものがデジタルに一気に振ったけど、アフターコロナは元のアナログに戻るのか、アナログとデジタルが溶け込んだ形になるのかは大変重要な論点。

普通にしていたら、アナログに戻る可能性が高いのでは。

・オンラインがオフラインを侵食して溶け込み、ユーザーのあらゆる行動データが一つひとつ取得できる時代p43

・顧客は「オンラインとかオフラインとか」といちいち考えておらず、その時最も便利な方法で買いたいだけp62