<書籍を知る> 『 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義』デービッド アトキンソン

親友に強くお薦めされて読んだが、データが苦手な私は読むのはつらかった。同僚も読み感動したと言う。私はデータドリブン社会に不適合な人間です。

・最低賃金を上げるのも、人材育成トレーニングをするのも、技術革新をするのも、1つ1つに何か劇的に物事を好転させる力があるわけではありません。これらのいくつかの歯車を同時に用意して、連鎖的に回したときに初めて、効果が発揮される。p302

・World Economic Forumの分析。世界的に見ると、生産性との相関係数がもっとも高いのは、この高等教育以上。p314