<教育を知る>芦花小サマーワークショップ  「オリパラ教育」関連で3講座を開講

昨年度に引き続き、芦花小サマーワークショップのお手伝いをさせていただきました。

今年度実施するプログラムには、芦花小学校はオリンピックパラリンピック教育指定校になっていることから、オリパラ教育縛りで3つのプログラムをコーディネートしました。
※2017年度の芦花小学校サマーワークショップは、7日間に渡り、50近くの講座が実施されています!


昨年度に引き続き、立教大学の河野 哲也先生、一ノ瀬 佳也先生にご協力いただき、それぞれの専門分野の観点からオリパラ教育の講座を行っていただきました。

■講座名:<こども哲学> -スポーツの意味-
講師 :河野 哲也 (立教大学 教授 )
内容 :だれもが疑問に思っているけど、学校ではなかなか考えない深い問いについてゆっくりみんなと話し合いながら、じっくり考えてみよう。それが《こども哲学》。今回のテーマは、「スポーツの目的って何?勝利、努力、参加?」結論は出ないかも。でも、とても面白いし、新たしい発見があるよ

■講座名:しょうがい者の視点を知る~ブラインドウオーク体験~
講師 :一ノ瀬 佳也 (立教大学 特任准教授 )
内容 :校庭や校舎をつかってブラインド・ウォークをやったり、交通量の多い大通りを耳栓して歩いてみて(もちろん、周りの皆が支援)、私たちがしょうがい者の人にどんな支援ができるのかを考えてみよう

 


今年度初めての試みとして、日本ブラインドサッカー協会の協力を得て、ブラインドサッカー体験を開催しました。僕自身がOFF TIMEでブラインドサッカー体験して、学校でも絶対にやりたいと思っていて、Criacao剣持雅俊さんのご尽力により実現しました。大人気で、3月までは予約でいっぱいで、100団体くらいがキャンセル待ちとのこと。

■講座名:ブラインドサッカー体験 -ダイバーシティ―を理解するスポ育–
講師 :日本ブラインドサッカー協会
内容 :視覚障がい者と健常者が同じフィールドでプレーすることのできるブラインドサッカー。目が見えない状態で行うこの競技はには、相手を思いやる想像力やチームプレーを進めるうえでのコミュニケーション力が不可欠です。ブラインドサッカー体験では、アイマスクをしてグループでワークをしたり、ボールを蹴ったりすることで、これまで意識してこなかった多くのことに気づき、感じることができます。

 

当日の様子は芦花小学校HPでも掲載されていますが、ブラインドサッカー、ブラインドウォークについて、当日の様子を写真で報告します。
<当日の様子>

◾︎ブラインドウオーク体験

特殊なメガネで目隠しして階段ウオーク

環八をイヤホンして耳が聞こえない状態でウオーク

車イス体験
ふりかえり もしっかり行います

◾︎ブラインドサッカー体験

日本ブラインドサッカー協会の講師から説明
目隠しして相手のいる場所に正確にボールを蹴るのは至難の業。視覚以外のコミュニケーションが必要

 

どうすればうまく蹴れるのか、グループで議論

昨年度も感じたのですが、

 

子どもの力をなめたらあかん

改めて感じた、2017年芦花小学校サマーワークショップでした。

<関連する記事>

<教育を知る>子育て苦手なパパが子育てに関わるまで-芦花小サマーワークショップをコーディネート-

<教育を知る>子育て苦手なパパが子育てに関わるまで-芦花小サマーワークショップをコーディネート-

<教育を知る>芦花小サマーワークショップ 「思考力とコミュニケーション力を育てる 《哲学対話》」 

<教育を知る>芦花小サマーワークショップ 「通学路は安全?~こどもの目からみた交通安全」

芦花小サマーワークショップで、「通学路は安全?~こどもの目からみた交通安全」を実施したのでレポートします。

講座名: 通学路は安全? ~こどもの目からみた交通安全~

講師 : 一ノ瀬 佳也 (立教大学 特任准教授 )

内容 :子どもたちが日常的に利用している通学路の安全を、自らの目で確認することで、当事者の子どもたちの視点で交通安全を確認する。これにより、子どもたちは交通ルールや規則を自分の課題として自覚し、更には子どもたちも地域に住む住民の一人としてその存在と役割を自覚することになります。

流れ :➀自己紹介(アイスブレイク)②プログラムの説明・班分け③通学路探索(2班)④発表準備⑤発表⑥講師講評

少し雲行きが怪しい中だったが、予定通り6名(4年生:4名、5年生:1名、6年生:1名)の児童が集まり、講座は始まりました。

➀自己紹介(アイスブレイク)

②プログラムの説明・班分け


いつもはカチカチに堅い一ノ瀬先生も、今日はゆるゆるで柔らかくてびっくり。子ども達もつられてすぐにリラックスモード。

③通学路探索(約30分)

蘆花恒春園、烏山神社の2コースに分かれて探索スタート。通学路の危ないところ、良いところを写真撮ったり、メモをしていきます。

④発表準備

大学生が見守る中、良いチームワークで写真とメモをまとめていきます。僕が普段やってるミーティングよりも素晴らしい。


⑤発表

「5分じゃ短い!」話したいことがたくさんあっておさまらない。

「三叉路のミラーはトラックの運転手には見やすい位置かもしれないけど、背の低い歩行者には見にくいから、場所を変えるか2つつけるべき」との提案は、まさに当事者であるこどもの視点。


⑥講師講評

一ノ瀬先生から、「普段ルールだからと何気なく守っていることも、いろんな人が考えて作ってる。でも、ミラーの件でもわかるように改めて自分たちが考えてみると問題点もあるんだね。だから、普段からいろんなことに関心を持って考えてみて、できれば改善案を提案してみよう」との講評が。まさにシティズンシップ教育。

子どもの力をなめたらあかん

率直な感想。

<関連する記事>

<教育を知る>子育て苦手なパパが子育てに関わるまで-芦花小サマーワークショップをコーディネート-

<教育を知る>芦花小サマーワークショップ 「思考力とコミュニケーション力を育てる《哲学対話》」