<書籍を知る>天才とダイバーシティ&インクルージョン#天才を殺す凡人

本学経営学部の中原淳先生も絶賛した『転職の思考法』の著者である、北野唯我氏が1/18日に新著「天才を殺す凡人」を出版する。

NAKAHARA-LAB-立教大学経営学部中原研究室>

妄言・暴言シリーズ!? 「就活本」を読むくらいなら「転職本」を読め!?:「転職の思考法」書評

 

昨年2018/2/23に、ブログ公開から数日で約40万PVと超バズった内容をベースに書かれたものだ。

凡人が、天才を殺すことがある理由。ーどう社会から「天才」を守るか?『週報』

「どうして、人間の創造性は、奪われてしまうのだろうか」 天才と呼ばれる人がいる 天才は、この世界を良くも悪くも、前進さyuiga-k.hatenablog.com

 

出版前に、冒頭の50ページを読む機会を得た。

この本は、天才を個人、そして組織がどう受入・包摂していくかという、ダイバーシティ&インクルージョンの話しだと思った。

私はしょうがいのある学生、外国人留学生のキャリア・就職支援を担当している。社会的には少数者と言われる学生の支援をしていると、日本の企業(組織)が、そして私を含めた個人が、多様性を受け入れるのが本当に苦手だということを痛感する毎日だ。

これと同じように、日本の組織、個人は天才を受け入れることも苦手だ。

 

本の中では、天才、秀才、凡人を以下のように表現している。

キャプチャ

天才

独創的な考えや着眼点を持ち、人々が思いつかないプロセスで物事を進められる人

 

秀才

論理的に物事を考え、システムや数字、秩序を大事にし、堅実に物事を進められる人

 

凡人

感情やその場の空気を敏感に読み、相手の反応を予測しながら動ける人

 

私を含めて大多数の凡人は、あまりに独創的でぶっ飛んでいる天才を理解できないのだ、いや理解しようとしないのだ。

 

私の仕事に話を戻すと、大学にも多くの天才がいる。教員だ。彼らは私の理解を完全に超えている。

・大切な会議(教授会)で議論が白熱しているにも関わらず、数人の教員が同じ会議室の中で別の会議(学科会議)を始める

・書類に不備があり、再度来てもらうようにお願いした時に、「こんな重いハンコ※をまた持ってこさせるのですか!」と激怒する

※パソコンではなくハンコ。超金属でできたハンコではなく普通のハンコ

・会議に大幅に遅刻し、「いやー携帯が壊れてしまって電話も繋がらなくてごめんね」と言って、席についた2分後にプルル、プルル・・・「もしもし、あっ、本忘れてきちゃった。ごめんごめん。今から取りに行くね」と会議室を出ていき二度と戻ることがない

などなど、枚挙にいとまがない

※注意:全ての教員がこうではないことは申し伝えておく。あくまで大半の教員だ。

 

社会的には常識がない面をもっている一方で、所属する学会の学会長だったり、行政の諮問委員をしていたり、世界中で引用されるような論文を書いていたり、企業からひっきりなしに共同研究のオファーが来る等、特定の領域においてはその特別な才能を存分に発揮している。

大学教員(研究者)は自分の才能を思う存分に発揮する場所を見つけることができた恵まれた人たちかもしれない。しかし多くの天才はその場を得られずにその才能を殺されていく。

 

天才に限らずあらゆる人が自分の輝く場所を見つけることができる、「ダイバーシティ&インクルージョン」そんな言葉さえない、そういう世の中になることを切に願う。そして、『天才を殺す凡人』がその一助を担うことを期待している

49450615_1643865312380391_7268554424115527680_n

<教育を知る>「リーダー育英塾」 (8月7日-9日)に参加しました

8月7日から2泊3日で「リーダー育英塾」に参加しました。リーダー育英塾の説明は中原先生のブログを引用している舘野先生のブログから引用させていただきます。

「リーダー育英塾」は、高等学校・大学で「教育改革」を推進していく「次世代リーダー」の皆さんが出会い、相互に研鑽しあうコミュニティとなることをめざした、いわば「私塾」です。電通育英会 × 京都大学溝上慎一研究室 × 立教大学中原淳研究室の主催で開催されます。
引用:http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/9287

ikueizyuku_1

写真転載:電通育英会HP

「めちゃくちゃ疲れた」 率直な感想です(爆)

予定調和の進行は一切なく、研修中はもちろん、食事中、風呂中、そして睡眠中に夢の中でまで、インプットとアウトプットを繰り返しました。

大学と社会(教育機関-仕事領域)のトランジションが私のテーマでしたが、これまで接点がなかった高等学校の先生方、ファシリテーターの研究者の方々との対話、フィードバックから、「ズレ」をあぶりだすことができ、その「ズレ」を埋める作業が苦しくはありましたが楽し・・いや、やっぱり苦しかったです(笑)

「林さんは、学生全員の名前と顔を覚えていますか?高等学校の教員は生徒全員の顔、名前は当然、どのような家庭環境で育っているのかまで把握して指導しています。学生の胸の中に手をつっこんで心臓をぐいと掴む距離感で、責任と覚悟を背負って教育しているんです」

「林さんは、高等学校の学習指導要領読んだことないんですか!?「資質と能力」が何をさしているかわからない!?そんな状況で、高大連携なんてどの口で語るんですか?」

高等学校の先生方からいただいた愛と優しさに溢れる「とりゃーフィードバック」。胸にぐさぐさ刺さりました。最後は、「もっと言って!」と叫んでました。

念願だった学生のキャリア支援の仕事につくことができ、とにかく目の前の学生に向き合うことに精一杯だった2年間。3年目にして自分に向き合う機会を与えてくれた「リーダー育英塾」に心から感謝しています。

次は、「事を為すのみ」

学んだことを活かして、立教大学は経営学部だけではないということを世の中に知らしめたいと思います。

38701157_10215384775585401_5534608171747770368_o

出典:中原淳研究室

<書籍を知る>『働く大人のための「学び」の教科書』 中原淳

中原先生の研究内容がより実践的な形でわかりやすくまとめられていて読みやすかった。実践しないといけない。

・大人の学びとは、「自ら行動するなかで経験を蓄積し、次の活躍の舞台に移行することをめざして変化すること」と定義しますp28-29

・行動②本を1トン読む。本を読むことは「他者の経験や思考を代理学習すること」p100

・グラノベッターという社会学者は、キャリアの転機は、「弱い紐帯(弱い人同士のつながり)」からもたらされるという研究知見を提出しました。p237