<社会を知る>立教大学野球部優勝で感じた東京六大学野球のコンテンツ力と母校愛

立教大学野球部が東京六大学野球で今世紀初の優勝、更には全日本大学選手権で半世紀ぶり(59年ぶり)の優勝を果たした

それに伴い、立教大学野球部の祝賀パレードが6月12日に行われ、JR池袋駅から立教大学池袋キャンパスまでの約1キロの沿道に、約5,000人のOB・OG、学生、教職員、地元関係者が駆けつけた。

19055081_1422069857872676_7776710991745291607_o
盛り上がるパレード

まずは、野球部の部員に「感動をありがとう」と伝えると共に、個人的に感じたことについて2点ほど記したい。

東京六大学野球のコンテンツ力
広告効果は60億円(『箱根駅伝』,生島 淳,2011)と言われているように、大学スポーツのコンテンツで言えば箱根駅伝が圧倒的な力 を持っているが、東京六大学野球のコンテンツ力も相当なものであるということに気づかされた。

関西出身の僕は、東京に出てくるまで箱根駅伝も東京六大学野球もほとんど知らなかったし、今でさえ、正直言うと 興味があまりない(なぜ東京ローカルの大会が注目されるんだ!という関西人特有のひがみも潜在的にあるのか・・)

しかしながら、関西の大学スポーツで優勝パレードをするという話しは聞いたことがないし、箱根駅伝や東京六大学野球のような大学スポーツコンテンツは他にない。

六大学野球のブランド力(100年以上の歴史)

×

 希少価値(立教大学の優勝)

がなせる業なのだ。

立教野球部の優勝を通して、普段はバラバラの人生を送っている約5000人が大学に集まり一つになる。

祝賀パレードでの「学生」、「OBOG」、「教職員」、「地域」の一体感は素晴らしかった。

 

パレードでは様々な場面に遭遇した。

・「立教に入って本当によかった」と喜んでる学生がいた。

・いつも、後輩支援で協力してくださるOBの方は、「この日に合わせて退院してきた。このタイミングで見れるなんて感激だよ。こんな日がくるなんて」涙ながらに語ってくださった。

・付属中学野球部のお母さん方は「息子達も将来あの車に乗れるといいわね」と話している。

・通りすがりの若い人が「街に愛されすぎ」と呟いていた。

DCNBHz2UMAEqcKj
行政、企業、商店街の方々、様々な人々の協力によりパレートは行われた

それを見て、僕も嬉しかったし、東京六大学野球、そして立教大学野球部は大学として絶対に大切にするべき存在だと感じた。

母校愛の力
一方で、嬉しいだけではなく、羨ましいとも感じた。

同僚には多くの立教卒がいる。特に私の部署は卒業生が多いのだが、皆の喜びぶりが半端ないのだ。

・全日本大学選手権の決勝戦を観戦した複数の同僚が号泣していた

・いつも冷静沈着、どちらかと言えば斜に構えて人と群れない若手職員が、FBで「ウエイウエイ」を連発した投稿をしている

※ウェイウェイ(『パリピ経済』,原田曜平,2016):若者が集団で騒ぐさまを、若干の自虐(もしくは軽蔑)をもって形容する擬態語

・昼休みに喜びを爆発させる職員がいる(下記写真参照)

IMG_601411

 

僕はこの職場で働いて8年、「卒業生ではない」ことに違和感を感じたことはなかった(鈍感なのか)。

むしろ8年間立教にいるんだから、4年間しかいなかった学部卒業生よりも立教愛があるとさえ思っていた。

初めて、卒業生としてこの職場で働く同僚のことを羨ましいと思った。

僕は試合を見て泣けなかったし、「ウエイウエイ」と投稿もできなかった。ましてや、あんな恥ずかしいかっこで写真は撮れない(上記写真参照)

18~22歳、青春真っ盛りの4年間を過ごした場所は特別 なのだ。青春を過ごした場所を職場にできる同僚達を心底羨ましいと思った。

何十年立教大学で働こうと、僕は卒業生と同じように立教大学を愛することはできないと思う。

 でも、

学生にとって特別な4年間に関わるものとして、立教愛ではかなわなくても、学生愛だけは負けないようにしたい。

※1枚目写真:(C)立教スポーツ

<地域を知る>香川-高松-

2012年11月29日―30日 初めて高松の地に降り立った。

僕は、高松市、香川県をあなどっていた。四国では愛媛、高知が発展しており、香川は面積も狭いし、どちらかといったら寂れているのかなと、根拠なく勝手な先入観で思っていた。

ところがどっこい。
yoshitomoのブログ-高松シンボルタワー

 

高松空港からリムジンバスでJR高松駅へ着き少し歩いてみると僕の根拠のない先入観が間違っていることにすぐに気付く。

まず目に付くのが、高松駅と海の間にそびえる30階建ての高松シンボルタワーである。

街並みは美しい。

日本の三大水城として有名な高松城跡を中心として、城下町の名残かきれいに整備された道には大企業支店の高いビルが立ち並んでいる(高松市は支店経済都市と言われている)。

複数の町を貫くように続いている立派なアーケードを持つ商店街は大変にぎわっている。ボッテガ・ヴェネタ 、グッチ、コーチなどの高級ブランドが立ち並んでいる。
特にこの商店街の1つ丸亀商店街は海外で受賞するなど、世界的に有名で多くの人が視察に来るという。(某大学教授談)

ライオン商店街は夜の店がいっぱいある。行きたかったが体調不良でいけなかった。無念。
yoshitomoのブログ-高松城

平成21年経済センサスによると、高松市で農林水産業に従事する人は全従業者数の0.4%であることからも高松市は立派な商業都市といえる。

また、四国の国の出先機関である財務局、経産局なども高松にあり、地方分権の流れの中で道州制が導入された際には、四国州の州都を狙っているという(高松氏某職員談)

■歴史
歴史的に見ても、香川、高松市は日本の中で重要な位置を示していた。(香川県の歴史、山川出版、1997)

古来より、瀬戸内海は近畿と九州、さらに朝鮮・中国を結ぶ海上交通の動脈として古くから日本の歴史上重要な役割を果たしてきた、その文脈から讃岐は瀬戸内海の会場交通の要所として軍事的に注目されていた。

讃岐は畿内地域との政治的結びつきが強まり、文化的交流が盛んに行われていたのである。
平安時代には、学問の神様 菅原道真が国司として赴任し、中国から日本に真言密教をもたらした空海は讃岐の出身である。どちらも知らなかった。相変わらず僕は無知である。

また江戸時代に多くの藩が財政難に苦しんだが、12万石に過ぎない高松藩がある程度の財政的余裕をもっていたのは、大阪の商人とコラボレーションし土地開発を行い、塩、砂糖、綿を生産する体制を築いたことが大きいという。江戸時代からデべが活躍していたのは驚きだ。

このように、歴史的に、文化的、経済的にも確固たる地位を築いてきた高松市であるが観光地としても面白い。

■観光地として
街づくり

海、山、そして平野に囲まれた街として、市街地と住宅が混在しているのが個人的に好きである。香川で言うと、金比羅山が観光地として有名でもちろん魅力的なのだが、商業地、市街地、住宅が混在した街も魅力的である。東京の谷根千の魅力や、イタリアのナポリの魅力と同じであると思う。

高松は平野なので通勤時にも自転車に乗っている人が目に付くが、僕も駅前でレンタサイクルを借りた。
商店街を抜け、少しわき道に入ると洗濯物を吊るした住宅街がある。こればっかり見てるとただの変態だが、そこに生きている人の匂いを感じれるのがいい。

観光施設

観光施設にもいくつかいった。

四国村はかなりのお金をかけて作ったと思うが、傾斜面にたっている。

長崎のグラバー園のようにエスカレーターがあればいいが、そういう対応がないので、高齢者がいくのは難しいだろう。

誰がターゲットかわからない。維持費も相当かかってるだろうな。

県立ミュージアムは映像と展示物をうまく活用して香川の歴史を説明していて、かなり楽しめる。
ここもお金がかかってるなー。

長崎市もそうだったが、地方のミュージアムはかなり面白い。行かないと損だな。


うどん県宣言をしているだけあって、やはり讃岐うどんでしょ。うまい。宮崎県産のかしわ天が特に

麦蔵
http://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37000874/

yoshitomoのブログ-讃岐うどん

今回の出張では、このような魅力ある高松、香川、そして四国の持続的発展のために、産業イノベーションを産学官金でどのように産み出していくかということについて議論した。

業務用の詳細なレポートはこれから作るのだが、一つ強く感じたのは、これからは香川県という単位ではなく四国という地域単位で、その四国のユニークさ(独自性)を前面に打ち出した街づくり、企業づくりをしていくことが重要であり、必要であるということである。地域分権の流れからもこれは間違いないことだろう。

大学は多すぎると叩かれていはいるが、文部科学省がいう、(COC (Center of Community)構想にあるように、地域の核となる大学は、四国のユニークさを打ち出していくにあたり、さらにその重要性、存在感を増していくと確信している。

具体的取組みについては、実践の中で示していきたい。

日本は面白い。知らないことがいっぱいだ。日本を楽しもう。