<書籍を知る>『ラグビー知的観戦のすすめ』廣瀬 俊朗

Tryの語源、ラグビーの成り立ち。これまでなんとなくしか知らなかったことを再確認でき、ラグビーをやっていた(なんちゃって)ことを改めて誇りに思えた。

・「ラグビー憲章」では、品位、情熱、結束、規律、尊重という5つの項目が出てくる。この最初の品位こそがラガーマンにとって一番重要p87-88

・ラグビー派のルールの根幹は、そういう密集戦のなかでも暴力とは一線を画し、自制しながら激しい「コンテスト(奪い合い)」を楽しむことに主眼を置いた。

・ラグビーの一番大きな魅力は、何度も繰り返しているが、「多様性」