<書籍を知る>『池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」』池上 彰

学生時代に全く理解できなかった資本論について、今なら、更には池上先生の解説ならわかるはずと思っていたが、やはり難解だった・・ ・

・人間の労働があらゆる冨の源泉であり、資本家は、労働力を買い入れて労働者を働かせ、新たな価値が付加された商品を販売することによって利益を上げ、資本を拡大する。資本家の激しい競争により無秩序な生産は恐怖を引き起こし、労働者は生活が困窮する。労働者は大工場で働くことにより、他人との団結の仕方を学び、組織的な行動ができるようになり、やがて革命を起こして資本主義を転覆させるp41

<書籍を知る>高校生からわかる「資本論」 (池上彰の講義の時間)

学生時代に全く理解できなかった資本論について、今なら、更には池上先生の解説ならわかるはずと思っていたが、やはり難解だった・・

・人間の労働があらゆる冨の源泉であり、資本家は、労働力を買い入れて労働者を働かせ、新たな価値が付加された商品を販売することによって利益を上げ、資本を拡大する。資本家の激しい競争により無秩序な生産は恐怖を引き起こし、労働者は生活が困窮する。労働者は大工場で働くことにより、他人との団結の仕方を学び、組織的な行動ができるようになり、やがて革命を起こして資本主義を転覆させるp41