<書籍を知る>『転職の思考法』 北野唯我

学生の安定志向には2パターンある。組織に依存する安定を求めるタイプと、個人の能力を上げることで安定を得ようとするタイプ。後者が確実に増えている。この本の影響は大きいと思う。

・いつでも転職できるような人間が、それでも転職しない会社。それが最強だp100

・転職の思考法を手にしたからといって、必ずしも、今の会社を辞めなくてもいい。個人の人生だ。正解はない。ただ、『辞められない』という思い込みの檻の中に閉じ込められたら、どんな人間も必ず自分に小さな嘘をつくことになるp151