<教育を知る>「リーダー育英塾」 (8月7日-9日)に参加しました

8月7日から2泊3日で「リーダー育英塾」に参加しました。リーダー育英塾の説明は中原先生のブログを引用している舘野先生のブログから引用させていただきます。

「リーダー育英塾」は、高等学校・大学で「教育改革」を推進していく「次世代リーダー」の皆さんが出会い、相互に研鑽しあうコミュニティとなることをめざした、いわば「私塾」です。電通育英会 × 京都大学溝上慎一研究室 × 立教大学中原淳研究室の主催で開催されます。
引用:http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/9287

ikueizyuku_1

写真転載:電通育英会HP

「めちゃくちゃ疲れた」 率直な感想です(爆)

予定調和の進行は一切なく、研修中はもちろん、食事中、風呂中、そして睡眠中に夢の中でまで、インプットとアウトプットを繰り返しました。

大学と社会(教育機関-仕事領域)のトランジションが私のテーマでしたが、これまで接点がなかった高等学校の先生方、ファシリテーターの研究者の方々との対話、フィードバックから、「ズレ」をあぶりだすことができ、その「ズレ」を埋める作業が苦しくはありましたが楽し・・いや、やっぱり苦しかったです(笑)

「林さんは、学生全員の名前と顔を覚えていますか?高等学校の教員は生徒全員の顔、名前は当然、どのような家庭環境で育っているのかまで把握して指導しています。学生の胸の中に手をつっこんで心臓をぐいと掴む距離感で、責任と覚悟を背負って教育しているんです」

「林さんは、高等学校の学習指導要領読んだことないんですか!?「資質と能力」が何をさしているかわからない!?そんな状況で、高大連携なんてどの口で語るんですか?」

高等学校の先生方からいただいた愛と優しさに溢れる「とりゃーフィードバック」。胸にぐさぐさ刺さりました。最後は、「もっと言って!」と叫んでました。

念願だった学生のキャリア支援の仕事につくことができ、とにかく目の前の学生に向き合うことに精一杯だった2年間。3年目にして自分に向き合う機会を与えてくれた「リーダー育英塾」に心から感謝しています。

次は、「事を為すのみ」

学んだことを活かして、立教大学は経営学部だけではないということを世の中に知らしめたいと思います。

38701157_10215384775585401_5534608171747770368_o

出典:中原淳研究室

<書籍を知る>『#シェアしたがる心理』 天野 彬

面白く、勉強になった。最後の方がアカデミックな内容でよくわからなかったけど・・

・SNSをやる理由は自慢に他ならないp75

・SNS映え

A:存在としてのSNS映え:美しさや驚きを感じさせるフォトジェニックさ

B:意味としてのSNS映え:いいね!したくなる文脈性が含まれた体験やシーンp77

・生活者が発信者にもなる高度情報社会p186

・SNS上で最も影響を受けやすい発信者は「友人」であるというファクト。ユーザー間でタグり合い、流行が生まれていくというボトムアップでのトレンド創出p238-239

<書籍を知る>『電通と博報堂は何をしているのか』 中川淳一郎

電通と博報堂の組織風土の違いがよくわかった(人にもよると思うが)電通デジタルはネット専業代理店に勝てるのか気になる。

以下、抜粋。

・デジタル部署の疲弊が激しい原因は「24時間結果が見られる」ことと、「物理的に変えられる」点にあるp113

・電通=客に対する答えは「YES」しかない。博報堂=客には「できない」を言うp116

・両者の最大の違いは「営業が強いか」「スタッフが強いか」

・電通は『クライアントファースト』、 博報堂は『クリエイティブリード』p167